1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>
  4. 落語食堂

10月3日(火)の毎日新聞・夕刊(関西版)に掲載された「落語食堂」。今回は「高倉狐」人を化かそうとしている狐に、化かされた振りをしようと思いついた男。一緒に近くの料理屋に向かうが・・・落語の世界観を表現してくれた、日本料理 岡田裕先生のレシピを紹介します。ぜひご家庭でも作ってみてください。◎化かし蒲焼き(新聞掲載レシピ) → レシピはこちら◎信田(信太)巻き 煮穴子 菊菜 溶き芥子 → レシピはこ

今回の落語は、「馬の尾」。男がうまい具合にだまれてしまう噺。釣り好きの男が今日もウキウキしながら出かけていく。出先で、木につないだ馬を少しの間見てほしいと頼まれ・・・さて、今回担当した日本料理の太田好成先生のレシピを紹介します。ぜひ、ご家庭でも作ってみてください。◎「馬肉の馬鈴薯あげ」(新聞掲載レシピ)→ レシピはこちら◎「たくあんとじゃこの旨煮」→ レシピはこちらそれでは、次回の落語食堂もお楽し

今回の落語は「悋気の独楽」。女性の嫉妬を描いた噺です。主人が外出したまま家に帰ってこない。妻は、妾のところに行っているのではないかと疑う。丁稚の定吉がお供していると聞き、問いただしたところ・・・落語の世界観を表現した、服部勝人先生の料理レシピを紹介します。 ぜひ、一度ご家庭でも作ってみてください。 ◎焼き餅と鶏肉のすっぽん煮(新聞掲載レシピ)レシピはこちら夏にあえて、お餅はいかがでしょうか? ◎魚

毎日新聞夕刊(関西版)7/4(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、落語食堂<らくしょく>開店です! 担当は、眞田章仁先生。初登場です。今回の落語は「くっしゃみ講釈」主人公は夜中に彼女と会っていると、犬の糞を踏んだ講釈師に邪魔をされる。怒った男は、後日講釈場で、話ができないように邪魔をしてやろうと考え・・・今回の落語の世界観を料理で表現した眞田先生のレシピを紹介します。◎舌平目から揚げ 雪駄見立

毎日新聞夕刊(関西版)6/6(火)号に掲載されている『落語食堂』さて、今回も初登場の先生です。「岡田裕先生」。今回の落語は「浮かれの屑より」。紙屑屋の源兵衛の居候となっている能天気な男がいた。少しは仕事を手伝えと言われるが、まったく役には立たず。そこで、長屋の奥の空き家で紙屑を選りわける「選り子」をやらすが、まったくやる気がなく・・・今回の落語の世界観を表現した岡田先生のレシピを紹介します。◎「鰈

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る