1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 2013年8月

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「蛇含草」。暑い夏にしっくりこない「餅」が登場するお噺です。暑い夏に「餅料理」?どんな料理が紹介されるのでしょう。担当は、日本料理の湯川徳之先生です。飯蒸し ●材料● 4人分 

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「蛇含草」。暑い夏にしっくりこない「餅」が登場するお噺です。暑い夏に「餅料理」?どんな料理が紹介されるのでしょう。担当は、日本料理の湯川徳之先生です。鱧鍋 ●材料● 4人分 

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?>ドイツ菓子と聞いて、みなさんが思い浮かべるお菓子はなんでしょうか?? 私が小さい頃から知っていたドイツのお菓子といえば、「バウムクーヘン Baumkuchen」でした。ドイツ語でバウムは “木” を意味し、クーヘンは “お菓子” を意味しますが、その名の通り、重なった生地の断面が、木の年輪のように

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る