1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

●甘夏ぜりぃ● ・・・職員室の席替えで、この春から、加納先生と齊藤先生はお隣同士です。立嶋先生は遠くのお席になりました・・・齊藤:「んー、んー。」加納:「どうした?齊藤。何悩んでるの?悩みがあるなら、立嶋先生に聞いてもらったらいいからさ。まぁー、これでも食べようよ!ジャジャーン!夏みかん!!」齊藤:「これなら器にも使える!これです!!夏みかんですよ!加納先生!!ひらめいちゃいましたよ!!━━━(

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?> ●●●●● パン・オ・レザン の よもやま話 ●●●●● 福知(以下F):今回はフランスのパン屋さんでおなじみのパン・オ・レザンを作りましょう!!レーズン(干しぶどう)入りのパンという意味ですが、日本のパン屋さんでおなじみのぶどうパンとは違います。以前作ったクロワッサンの生地にカスタードクリームとラム酒漬けレーズンを巻いたものなのです! 野口(以下N):カス

<【日本料理一年生】ってどんなコラム?> ●親子丼● 本年度は、日本人の主食である「ご飯」にスポットを当ててお話しています。最近流行の「草食系男子」には、ちょっと似合いませんが、我々の若いころには「体育会系男子」をはじめ、多くの男性が「丼物」を好んで食べたものです。 最近の若い男性は、ご飯自体をあまり食べなくなっています。我が辻調理師専門学校の学生の割合は、女子1:男子3です。普段の日本料理の実習

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 前回紹介した「パリの居酒屋(びすとろ)」は現在入手が非常に困難な一冊である。しかし、気長に古書店やネットオークション(先日見たものは6,500円で落札、その前は3,500円ぐらいで推移していた)を探せばきっと見つかるのではないだろうか?そんな時間やお金は無いという方にはこちらの一冊をご紹介しよう。残念ながらこちらも既に絶版になっているが、大きな書店の書

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?> 塘:今回は、いよいよあの中国ハムがどうなったかのお話です。 船渡:そういえばやっていましたね。あれは去年でしたね。1年間もよく干していましたね。 塘:そう。去年の1月の話です。中国ハムを自家製できるか挑戦していました。詳しくはコラム【好吃(ハオチー)!中国料理】中国ハムなんて作れるの?パート1、パート2 をご覧ください。 船渡:ふむふむ、確認

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る