1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 前回紹介した「パリの居酒屋(びすとろ)」は現在入手が非常に困難な一冊である。しかし、気長に古書店やネットオークション(先日見たものは6,500円で落札、その前は3,500円ぐらいで推移していた)を探せばきっと見つかるのではないだろうか?そんな時間やお金は無いという方にはこちらの一冊をご紹介しよう。残念ながらこちらも既に絶版になっているが、大きな書店の書

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?> 塘:今回は、いよいよあの中国ハムがどうなったかのお話です。 船渡:そういえばやっていましたね。あれは去年でしたね。1年間もよく干していましたね。 塘:そう。去年の1月の話です。中国ハムを自家製できるか挑戦していました。詳しくはコラム【好吃(ハオチー)!中国料理】中国ハムなんて作れるの?パート1、パート2 をご覧ください。 船渡:ふむふむ、確認

<【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム?> かしまし娘の ビスコッティ・ディ・プラート よもやま話 夕子(以下Y):Buon giorno!(ボン・ジョルノ!) 歯が丈夫な皆様、集まってください! 今日はイタリア、トスカーナ州のお菓子、ビスコッティ・ディ・プラートです。 麻紀先生、今日の歯の調子はいかがですか? 麻紀(以下M):歯の調子ってぇ~。人をお婆ちゃんみたいに言わんといてよ! じょう

<【日本料理一年生】ってどんなコラム?> ●かやくご飯● 本年度の料理一年生は、私たち日本人の主食である「ご飯」にスポットを当ててお話したいと思います。最初は、誰もが馴染みのある「かやくご飯」です。「かやく」といっても爆発する「火薬」ではありません。漢字では「加薬」と書きます。関東では「五目ご飯」といわれる「炊き込みご飯」です。 この「かやく」を小学館の『日本語源大辞典』で調べると、 ◆中世頃には

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 手元に2冊の料理書がある。 「ビストロブック」と「決定版ビストロレシピ」 どちらも2010年夏、柴田書店から刊行 特に前者は近頃の私のお気に入りの一冊、日によっては何度と無く私の心が頁を彷徨う。 「ビストロブック」には、フランスのいろいろなお店の様子が紹介されていて、フランスで生活した経験がさほど長いわけでもない私ですら、郷愁を誘われる。また取り上げら

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る