1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【日本料理一年生】ってどんなコラム?>   私の実家は商家で忙しかったため、祖母が家族の食事を作ってくれていました。だから私にとっては世間で言う「おふくろの味」は「おばあちゃんの味」なのです。その祖母の料理の中で、今でも懐かしく、時々無性に食べたくなるのが、「きらずの炊いたん」です。「きらず」とは「切らずに料理ができる。」という意味です。漢字では「雪花菜」と書き、「おから」のことをいい

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>   ●●●●● カレーパン の よもやま話 ●●●●● 松田(以下M):今回は、日本で誕生したカレーパンの登場です!明治の初期、日本に初めてカレーが上陸しました。それから時を経て、ライスカレーやカレーライスという名前で一般にも認知されるようになった頃、カレーパンは誕生しました。カレーパンの元祖は東京の江東区にある「カトレア」(当時「名花堂」)が19

どうも。田中です。 ついに、ウィーンにも春が来たようです!ウィーンの冬が、ウィーンの春に主役を譲ったようです! 言い切らないのは、ウィーンの冬が、アンコールにお応えする可能性があるからです。 気が強いウィーンの冬が、そう簡単に主役を譲る気がしない・・・・ このまま引き下がるのか否か・・・・物語はまだ続きます・・・・。 街では、次々こんな現象が起きています! そう。オープンカフェが始動開始!! 太陽

どうも。田中です。 いまさらですが、オーストリアは何語?!・・・・・・ドイツ語です!! 日本でも、地域によって話言葉が違うように、同じドイツ語圏でも、国や地域によって方言のようなものがあったりと、だいぶ言い方は違うようです・・・。 今回は、私がウィーンでか通っていたドイツ語学校についてです。 このおしゃれな建物は・・・・ そう、この建物の中に語学学校があるのです! ステキならせん階段を上っていきま

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 前田:いや~川中先生、まだ春の便りが聞こえてこないですね。 川中:そうですね、前田先生。 前田:今回先生が紹介された「鶏もも肉のきのこソース マスタード風味」ですが、 どういった経緯で考案されたんですか? 川中:はい、僕は鶏の料理が好きなのでベーシックな料理を作ってみようと思い、「若鶏の白い煮込み」を作るつもりだったのですが、すでに登場していたんですね

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る