1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【好吃(ハオチー)!中国料理!】ってどんなコラム?> 塘:今回の担当は増吉先生です。前回の紹介にもありましたが、彼は麺打ちのスペシャリストです。今回はなんと素人でもできる、手打ち麺で面白いものを紹介してくれるということです。それは「一根麺(イーゲンミェン)」という謎の麺です。これは聞くところによると、一本の非常に長い麺だそうです。実に面白そうですよね。それでは、増吉先生よろしく。 増吉:はい、は

どうも。田中です。 なんだかんだ、まだまだ寒さから解放されていないウィーンです。 今回は、ウィーンの日本食屋さんの紹介です。 日本食ブームのようで、よく日本食屋さんを目撃します。 そんな中、今回行ってみたのは、こちら・・・ アカキコです。 日本食メインのアジアン料理店です。 メニューは麺系もなかなか充実しています。店員さんは、アジア系の方々です。 注文した1品目は・・・・・ MISOーSHIRU 

<【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム??> 菓子まし娘の モワルー・ショコラ よもやま話 *作り方の方程式* チョコレート生地+冷凍フランボワーズ=モワルー・ショコラ 知恵美(以下C):今日もおうちで簡単!!温かいとろとろチョコレートが出てくるデザートです。 そして、このメニューはなんと!!菓子ましファンの方からのリクエストで~す。 (パチパチパチ~ヽ(*゜∀゜*)ノ♪) でも、ヴァレンタ

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> 紀元1世紀、すでにオリーブオイルといえばイタリア、でした。オリーブの品質、生産量の世界一はイタリアであると記述した記録がとても多く残っています。昔からイタリアとオリーブオイルは切っても切れない関係なんですね。それにイタリアに何千年という年月を人々と歩んできたオリーブがあると聞いて、居ても立ってもいられなくなり、リヨンから車を飛ばすこと約5時

どうも。田中です。 最近、日本から持ってきたウィーン&オーストリアのガイドブックにコーヒーをこぼしました。 ウィーン=カフェの国    ガイドブックもウィーンの香り満載です! 「芸術は必要にのみ従う」 そう言ったのは、ウィーン生まれの、オーストリア近代歴史に残る、偉大な建築家・都市計画家の オットー・ワーグナー氏。 ???なんか難しいですね。何回か唱えると少し分かるような・・・・分からないような・

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る