1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム? 菓子まし娘のエクレール・オ・フリュイ・ルージュ (赤いフルーツのエクレア) よもやま話 *作り方の方程式* シュー生地+クッキー生地+生クリーム+ジャム+フォンダン+赤いフルーツ=エクレール・オ・フリュイ・ルージュ 村瀬:春ってなんかうきうきしちゃいますね~☆ うきうきしてたら頭にいなづまが落ちてひらめいたんです(☆ o ☆)!!ピカァ 見てください

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>O(尾岡): 前回は「副材料」についてお話しましたね~M(松井): そうです。副材料たっぷりのブリオッシュ生地を作りました♪A(浅田): 副材料の多い生地をこねるときには、グルテンの形成がしっかりできていないとふんわりした製品にならないんです。O: ブリオッシュ生地はバターがたっぷり入っているので、柔らかくなります。なので、生地は冷蔵発酵が基本です。冷蔵すると

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?>  春告魚とは文字通り春の訪れを感じさせる魚で、かつては3~5月に産卵のために北海道の西岸に押し寄せる鰊(ニシン)の異名であった。  フランスにいるころにはスーパーでアラン(ニシン)の酢漬けを買ってきて酒のつまみにしたり、手軽な前菜として外食の際に出会ったりすることも多かったが、日本では塩干物がほとんどで固くしまっていたり、妙に脂っぽかったりしたものばか

【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム? 菓子まし娘のポワソン・ダブリル よもやま話 *作り方の方程式* 折り込みパイ生地+カスタードクリーム+生クリーム+フルーツ=ポワソン・ダブリル >弥生(以下 Ya): みなさん、こんなお菓子作りました!!! ポワソン・ダブリル、村瀬は知ってるかしら?? 村瀬(以下Mu):ギョギョ~!!かわいいおさかなちゃんですね~!! もちろん知っていますよ

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>お菓子について諸説あるのですが、「しのぶもぢずり」という陸奥の国信夫郡(現在の福島県福島市北部)で染められていた染物は、乱れ模様のあるもぢずり石の上に布をおき、忍草などを擦り付け、布に緑色の乱れ模様をつけ、さらに模様の間に生の紅花をすり込んで染めたといわれます。上用饅頭の筆塗りという技法を使って緑色とオレンジ色の乱れ模様を表現しました。白い生地に規則性のな

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る