1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>●たけのこ木の芽和え● 皆さんは、料理の香りと聞いてどのようなものを思い浮かべますか?だし、醤油、焼き魚、焼き肉などが浮かんだ方もいらっしゃるでしょう。今回お話するのは、料理そのものの香りではなく「料理に添える香り」についてです。 料理に添える香りは、味をまとめたり、彩を添えたり、季節感を表現したり、食欲を増進させたりと、いろいろな役割が

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> フランスには様々な種類のチーズが数多くありますが、意外にもチーズを主体として作ったいわゆる「チーズケーキ」と言えるお菓子は一般的ではありません。日本では、チーズケーキにカマンベールチーズのような熟成タイプのチーズを使って作るパティスリーもありますが、自分の周りのフランス人にこのことを話したところ 「カマンベールチーズを甘いお菓子に使うなんてお

<【独逸見聞録】ってどんなコラム?> 冷蔵・冷凍技術が発達しておらず、食品の流通事情の良くなかった頃には、「保存食品」の持つ意味は、現在とは比較できない程大きかった筈である。 新鮮な果物や野菜の種類や収穫量が、極端に少なくなる冬場を乗り切るため、塩や砂糖、酢やアルコールなどを用いて保存食が作られ、地下室で保存された。その中でも比較的簡単に製造できるため、自家製のジャム類は、それぞれの果物の旬に合わ

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>お菓子について「つくばね」は、現在の筑波山のこと。この山には、西の男体山と東の女体山の二つの峰があります。また、筑波山の峰から流れ出る川を男女(みなの)川といいます。 筑波山は、古代、春と秋に男女が集まって歌舞飲食を自由に楽しむ「歌垣(うたがき)」が行われた場所として知られています。この歌垣に着想を得て、春の桜と秋の紅葉の雲錦(うんきん)模様に見立ててお菓

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> フランス校では12月から1月にかけて、冬のヴァカンスがあります。学生だけでなく職員も、フランスの様々な地方や近隣諸国へ旅行に出かけます。パリ、アルザス、ノルマンディー、ブルターニュ、南フランス...色々魅力的なところはあるけれど...。どこに行こうか考えた結果、これまで行ったことがないところにしよう! と、言うわけで今回は、フランス最北端の

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る