1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

菓子まし娘のタルトレット・ショコラ・ジャンジャンブル よもやま話 *作り方の方程式*タルト生地+チョコレートフィリング+チョコレートの上がけゼリー=タルトレット・ショコラ・ジャンジャンブル 夕子(以下Y):寒いね~、寒いと外へ出る気分になれないわぁ~(^_^) この前の週末に家で、2日かけてタルトレット・ショコラ・ジャンジャンブルを作ってみたら見事大成功で、おいしく出来たんよ(^o^)あったかい

「落語食堂 -らくしょく- 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再 現し、落語家の桂吉坊さんと"お喋り"を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。2015年3月3日掲載のお噺は、「猫の忠信」。 美人の師匠を目当てに稽古屋へ通う次郎吉が師匠と常吉が「いい仲」だと知り憤慨するが、実はこの常吉の正体は・・・という狐狸妖怪のお噺。 お噺に登場する「ぬくい造り」からイメージして

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> <前田><イム> みなさ~ん、こんにちは! <前田>毎日寒い日が続いてますね。 <イム>先生、冬は寒いものです。我慢してください! <前田>まあ、そうですけど・・・その前に・・・今回ブログを担当してくれた方の紹介を忘れてました。それでは、自己紹介をどうぞ! <イム>初めまして、イム・スファと申します。私は辻調理師専門学校、技術研究所西洋料理課程を卒業

<【とっておきのヨーロッパだより】ってどんなコラム?> フランス南西部、小さな村エスプレット。スペインまですぐの国境近くにあり、バスク語圏であることから村の入り口の看板にもフランス語とバスク語の二つが表記されています。この村の特産品は真っ赤な唐辛子「ピマン・デスプレット Piment d'Espelette(エスプレット唐辛子)」。A.O.P.(注1)を取得した、ヨーロッパで一番有名な赤い唐辛子で

<【おやつ!おかし!和菓子!】ってどんなコラム?>●スティックようかん● 上元:ああ、おいしい...。先生も1切れいかがですか?齊藤:なに?なに?食べたーい!上元:お土産に練りようかんをいただきまして。どうぞ。どうぞ。お茶とようかんの相性は抜群ですね。日本人で良かった......。齊藤:年齢の割に、おじいさんみたいなこというね(笑)。でも、確かにおいしい。上元:ただ、ちょっと困ってるのは、けっこう

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る