1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

彼岸にかかる橋   <【ひとくちのエピソード】ってどんなコラム?>   顎を揺らしてカタカタ笑うしゃれこうべも 赤い光を漏らすカボチャ頭のジャック・オ・ランタンも もう店じまい 鋭い牙のドラキュラも 蒼い顔したゾンビも 魔法の解ける朝まで踊り狂ったら 棺桶に 土の中に還って さあ一年後までおやすみなさい 大騒ぎが終わったら 長靴の半島に橋がかかって 果物手にあの人が いよいよか

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>   A(浅田): 前回までは、生地の作り方(ミキシング)と発酵についてお話してきました。   O(尾岡): 今回は生地を切り分ける(分割)、形を作る(成形)のポイントをお話しします。   M(松井): 私たちは生地を分割するとき、竿(さお)ばかりを使います。100個を超えるような分割をする場合、生地を素早く量るにはもってこいです

【菓子まし娘のお菓子講座】ってどんなコラム? 菓子まし娘のガトー・バスク よもやま話 *作り方の方程式* アメリカンチェリーのジャム+ガトー・バスク用の生地(ラム酒風味のクッキー生地)+塗り卵=ガトーバスク   弥生(以下 Ya): 前回の、「菓子まし娘のコンフィテュール(ジャム)3種~イチジク、オレンジ、リンゴ~よもやま話」を見て、冷凍していたアメリカンチェリーでジャムを作

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?>    みなさんこんにちは! エコール辻大阪の伊藤です。 だんだん寒くなってきましたが冬休みのご予定はお決まりですか? そこの決まってないあなた!フランスへ行きましょう! 美しい景色とおいしい食べ物を堪能しにさぁフランスへ! いますぐ航空券をとってさぁ!さぁ!     と、なぜこんなに鼻息荒くフランスをおすすめする

「落語食堂 -らくしょく- 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと"お喋り"を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。2014年10月7日掲載のお噺は、「地獄八景亡者戯」。閻魔さまも登場する地獄が舞台。地獄の入口で現世での罪を懺悔し、死に方によって料金が違うなどなど何とも面白く、地獄なのに楽しいお噺。 お噺の"地獄"になぞらえて鯖を地獄のごと

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る