1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【それゆけ!じゃぱに~ずクッキング♪】ってどんなコラム?>●鶏雑炊●  突然ですが、「雑炊」という文字、面白い組み合わせですよね。「雑」の意味は「種々のものの入りまじること」と辞書にあるので、そのまんまの解釈でいくと、「種々のものの入りまじったものを炊いたもの」となります。 正月に食べる雑煮の「雑」も、多種の神饌(しんせん=神に供えた季節の食材)を煮たものなので、同じような意味合いになります。 

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。年始にぴったりのお正月らしいお噺です。元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、芸妓をからかうお噺。お噺に登場し、旦さん

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。年始にぴったりのお正月らしいお噺です。元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、芸妓をからかうお噺。お噺に登場し、旦さん

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。年始にぴったりのお正月らしいお噺です。元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、芸妓をからかうお噺。お噺に登場し、旦さん

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。年始にぴったりのお正月らしいお噺です。元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、芸妓をからかうお噺。お噺に登場し、旦さん

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る