1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 暑い日が続くとどうにも食がすすまなくなる。そんな時には冷たい麺類が手早く出来て食べやすいので、どうしても登場する機会が多くなる。     ある日の昼食の冷麺。つい、麺と野菜が同量になるように作ってしまう・・・。 父曰く「お前が作ると腹が破裂する」   夏の休暇中の朝「今日、昼何にする?」と聞かれると「何でもいい」と答える日

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>   A(浅田): さあ、前回に引き続き「パンの材料のいろは」についておしゃべりしましょう。   O(尾岡): 今回はパン作りに欠かせない4つの基本材料のうちの1つ、小麦粉についてです。   M(松井): 小麦粉は一般的に、薄力粉、中力粉、強力粉の3種類が知られています。この3つに加えて中力粉と強力粉の中間のような準強力粉もパン作

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「蛇含草」。暑い夏にしっくりこない「餅」が登場するお噺です。暑い夏に「餅料理」?どんな料理が紹介されるのでしょう。担当は、日本料理の湯川徳之先生です。ずんだ餅 ●材料● 4人分&nbs

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「蛇含草」。暑い夏にしっくりこない「餅」が登場するお噺です。暑い夏に「餅料理」?どんな料理が紹介されるのでしょう。担当は、日本料理の湯川徳之先生です。飯蒸し ●材料● 4人分 

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「蛇含草」。暑い夏にしっくりこない「餅」が登場するお噺です。暑い夏に「餅料理」?どんな料理が紹介されるのでしょう。担当は、日本料理の湯川徳之先生です。鱧鍋 ●材料● 4人分 

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る