1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. "グレーテル"のスタジオから 【平林らいてうのゴマじるこ】

"グレーテル"のスタジオから 【平林らいてうのゴマじるこ】
2017年11月07日

  • mixiチェック

「元始(げんし)女性は実に太陽であった」。

これは戦前から戦後にかけて女性の権利を獲得するために闘ったカリスマ、平林らいてうの言葉です。

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」にも登場した人物ですよね。

この日のグレーテルのメッセージは「黒く輝く愛をちょうだい!」



しかも、グレーテルは指輪を忘れて出かけました。その指輪はオニキス(黒瑪瑙)。

黒くて艶々しています。これは忘れていったのではないですね。

メッセージとリンクしているのです。

「黒く輝く」はこの指輪のオニキスのように、ということですね。

で、この日のスイーツは<平林らいてうのゴマじるこ>。

ゴマ、ですからまずは黒ゴマを煎ります。

上手に煎るコツは強火で、焦がさないように鍋を振り続けること。

なかなか大変です。

 
*レシピ指導:金澤賢吾(辻製菓専門学校)

 

次は煎った黒ゴマをすり鉢でひたすらすり続けます。

黒く輝いてくるまですってすってすりまくり、です。

ヘンゼルの腕もぱんぱんです。

 


ヘロヘロになってすりあげた黒ゴマは見事に黒く輝いていました。

次にお湯を加えて、混ぜ、そこに黒砂糖・三温糖・グラニュー糖の3種を加えます。

らいてうさんは黒砂糖だけだったらしいですが、今回は3種の砂糖でまろやかさを演出。

さてお餅です。とは言っても餅つきはできないですよね。

今回は「餅粉」を使います。これでつきたてのようなやわらかいつきたてのような餅を作ります。



餅ができたら茹でて、真っ黒なお汁粉に入れて完成です!!

 

平塚らいてうは第二次世界大戦が始まると社会運動から距離を置き、戦後は平和運動に力を注ぎます。

そして、雑誌「暮らしの手帖」にある随筆を発表。テーマは日々の「食べ物」。

その中でお気に入りの食べ物として紹介したのがこの「ゴマじるこ」でした。

ゴマをすってすってすりまくったのは常に傍らにいた夫の博だったと言います。

らいてうは「大切な人と一緒に何かをつくることの喜びを伝える」ために「ゴマじるこ」を紹介したのかも知れません。










月曜日の夜は、グレーテルのかまどをお楽しみに!
--------------------------
『グレーテルのかまど』
毎週月曜日放送  22:00~22:25 【NHK Eテレ】
再放送毎週水曜日 10:25~10:50【NHK Eテレ】
★辻調「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
http://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/index.html

番組公式HPはコチラ:http://www4.nhk.or.jp/kamado/

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る