1. 総合情報サイトTOP
  2. 辻調のメディア協力リスト
  3. 映画

ママ、ごはんまだ?

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2017年2月11日(土) 公開
台湾と日本を故郷とする、一青妙さん、一青窈さん 姉妹の家族の物語。
20年前に亡くなった母の台湾料理のレシピ帳が見つかり、いつも明るく笑顔で料理をしていた母の姿を思い出します。一青さんの家族(台湾人の父と日本人の母)の食卓と、そこに並んだ料理。それぞれの料理に込められた家族のストーリーと家族愛を描いた映画です。
 この映画に登場するすべての料理を、【辻調理師専門学校】中国料理班の小川先生、塘先生、木村先生、中島先生の4名が作成しました。登場する数々の料理をぜひご覧ください!

みなさん、さようなら

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2013年1月26日(土) 公開
団地から一歩も出ずに生きると決めて大人になった少年が、孤独や葛藤に苛まれながら成長する姿を描いた、可笑しくも愛おしい物語。少年が決意した本当の理由とは―。
映画「ちょんまげぷりん」の中村義洋監督と辻調グループとの、2作目のコラボ映画が完成! 物語に登場する1980年代の「洋菓子店」の再現に、【エコール 辻 東京】の山崎正也先生、佐藤萌亜先生、卒業生のパティシエ・上野啓介さんが協力。店先に並ぶお菓子の考案や、俳優・濱田岳さん、ベンガルさんへの技術指導を担当しました。

HOME 愛しの座敷わらし

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2012年4月28日(土) G.W.全国公開
東北地方ゆかりの「座敷わらし伝承」をからめながら、あるサラリーマン一家の再生をユーモラスかつ感動的に描いた家族映画。主人公のサラリーマン、家族のためにひた走る「お父さん」高橋晃一を演じるのは水谷豊さん。主人公・晃一の働いている日栄フーズ東京本社の商品開発室のシーンに「エコール 辻 東京」の製菓実習室が使われ、エキストラとして先生たちも出演しました! 

洋菓子店コアンドル

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2011年正月第二弾 新宿バルト9ほか 全国公開
江口洋介さん、蒼井優さん、ダブル主演のこの映画。街角の洋菓子店を舞台にスイーツをとおして、人生の挫折と再生を描く、キュートで切ないストーリーです。今回は、辻調グループフランス校卒業生の上霜考二シェフ(ル・コワンヴェール)と一緒に、「エコール 辻東京」の製菓の先生たちが全面協力。講習室や実習室が実際に登場するほか、在校生たちも出演しています。どうぞ、ご期待下さい!
(C)2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会 

甘男子~あまだん~

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2010年12月2日~12日 公演決定!
甘男子~あまだん~=(名)甘いものをこよなく愛する男子のこと。スイーツに青春をかけた5人の甘男子(あまだん)高校生。目指すはパティシエ甲子園!夢、挫折、家族、仲間・・・様々な想いをのせ、彼らの熱き青春を描きます。
12月の舞台公演に向け、東京・国立にある辻調グループ校「エコール 辻 東京」では、製菓の先生による出演俳優たちへの製菓特訓が行われています。
【公演期間】2010年12月2日(木)~12月12日(日)
【劇場】俳優座劇場

ちょんまげぷりん

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2010年夏 恵比寿ガーデンシネマほか 全国公開
“お侍が、パティシエになってしまう”という、奇想天外な物語。主演の錦戸亮さんは忙しいスケジュールをぬって、東京・国立にある辻調グループ校の「エコール 辻 東京」で、製菓の先生たちから集中授業を受けました。錦戸さん演じる安兵衛が作るプリンをはじめとしたお菓子の数々がスクリーンに登場します。お楽しみに! 

オカンの嫁入り

  • 公式ホームページ
  • 辻調スペシャルサイト

2010年秋 東宝系 全国公開
宮﨑あおいさんと、大竹しのぶさんが、初共演するということで話題の映画「オカンの嫁入り」。この映画のなかで、「料理」が大切な役割を演じます。その「料理」を、辻調の日本料理の先生たちが指導・製作しています。 母と娘のお話に、辻調の「料理」がどう関わってくるのか。 今秋の全国ロードショーをお楽しみに。 

交渉人 真下正義

  • 辻調スペシャルサイト

東宝系 全国公開
[2005年]大ヒットシリーズ『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ(番外編)として2005年5月に東宝系で全国公開され、同年の邦画実写部門で最大の興行成績を上げた作品。辻調グループ校では事件解決の鍵を握る豪華なクリスマスケーキの作成で協力、画面に花を添えました。

マリー・アントワネット

映画イベント協力
[2007年]映画[マリー・アントワネット]の公開記念イベントで18世紀のフランス宮廷料理を再現。木下幸治先生はじめ、[エコール 辻 東京]の先生たちがジビエのパテやオマール海老と伊勢海老のショーフロア、映画に登場したアメ細工などを制作。イベントに花を添えました。

ページの上部へ戻る