Restaurant guide
レストランガイドTOP
今月のZOOM UP
こだわりレストランリスト
こだわりレストラン検索
今月のZOOM UP - The special edition of a restaurant
ZOOMUP 第4回 兵庫・芦屋『パスティチェリア アマレーナ』【2005.09.29】
料理やお菓子の味は、必ず作り手の想いが反映されるもの。作り手の想いを知ることで、その料理やお菓子の真実の味に近づくことができます。「ZOOM UP」を読めば、きっと料理やお菓子がもっと美味しくなります。
心に染み入る素朴で優しい味わいのイタリア伝統菓子専門店 / 兵庫・芦屋『パスティチェリア アマレーナ』 住所 兵庫県芦屋市業平町1-5
電話 0797-35-5516
営業時間 10:00〜21:00
定休日 水曜日
レストラン紹介ページへ
 日本では、ティラミスやパンナコッタ、ジェラートなど一部のお菓子を除いてまだまだ馴染みの薄いイタリア菓子。木下シェフは、『アマレーナ』に移る前に勤めていたお店で初めてイタリア菓子に出会いました。
  それまでフランス菓子を作ってきた木下シェフは、イタリア菓子の味わいについて「ストレートだけれど、どこか懐かしさを感じさせる温もりが印象的」と感じたそうで、中でもナポリ地方の伝統菓子“スフォリアテッレ”という二枚貝のような形をした独特な歯ごたえのある焼き菓子を初めて食べたときの感動は忘れることができないとのことです。(『アマレーナ』では、土日祝のみの限定販売。1つ¥315。)
  この“スフォリアテッレ”のような個性的なお菓子が地方ごとにあるのがイタリア伝統菓子の世界なので、まだまだ勉強中とのこと。フランス菓子と異なり、イタリア菓子のお手本となるものがまだまだ日本には少ないので、新商品を考案するときは文献を探り、知り合いのイタリア人やイタリア修行経験のあるシェフにアドヴァイスをもらいながら試行錯誤を繰り返す毎日ですが、その結果「現地の味を再現できたときの喜びは大きい」と語ります。
芦屋という土地柄か、イタリアへ旅行をしたことのあるお客さまが多く、イタリア菓子への反応が良く、時にはお店で販売していないお菓子をリクエストされることもあるそうです。お客さまの中にはシェフが作ったお菓子をイタリアへ送り、現地の人に味わってもらい、その感想を伝えてくれる熱心なファンの方もいるそうです。数あるお菓子の中でもクリスマスのときに作った“パネトーネ”の評判が特に良く、「現地の人に認めてもらえるのはとても嬉しい」とシェフは語ります。
 次のページでは、芦屋の人たちだけでなく、イタリア人にも評判の『アマレーナ』のイタリア菓子を紹介します。
料理紹介ページへ
 

バックナンバー
ZOOM UP第1回 大阪・豊中 「日本料理・地酒・ワイン 桜会」
ZOOM UP第2回 大阪・靭本町 「羽山料理店」
ZOOM UP第3回 京都・東山七条 「イル・パッパラルド」
過去の特集一覧
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group