Restaurant guide
レストランガイドTOP
今月のZOOM UP
こだわりレストランリスト
こだわりレストラン検索
今月のZOOM UP - The special edition of a restaurant
ZOOMUP 第8回 大阪・西区『Bistrot le Pichet(ビストロ ル・ピシェ)』【2006.01.26】
料理やお菓子の味は、必ず作り手の想いが反映されるもの。作り手の想いを知ることで、その料理やお菓子の真実の味に近づくことができます。「ZOOM UP」を読めば、きっと料理やお菓子がもっと美味しくなります。
“南仏ハーブの香りを届けるビストロ / 『Bistrot le Pichet(ビストロ ル・ピシェ)』 大阪市西区京町堀1-11-3 園部ビル1F
電話 06-6444-1170
営業時間 11:30〜14:30(L.O) 18:00〜21:30(L.O)
定休日 日曜日
URL http://www.k3.dion.ne.jp/~pichet
レストラン紹介ページへ
 南仏プロヴァンスの一皿を手軽に味わえるビストロが、2005年6月に開店しました。店名は、テーブルに置かれる柄のついたピッチャーや水差しの意味を持つBistrot le Pichet(ビストロ ル ピシェ)。陶器が有名なプロヴァンスでは、絵付けはポワールと呼ばれる洋ナシに似た形の絵筆で描かれた水差しや、お皿等の食器が数多く生産されています。ボッテリとした厚みのある陶器に、柔らかなタッチで描かれた絵柄の食器は、いずれも南仏の日差しのように家庭の食卓を明るくさせてくれるものばかりです。
  そんな店名の通り、ピシェは白い壁に茶色の調度品を使用した内装に、黄色のリバティ柄のテーブルクロスが彩りを添えた可愛らしいインテリア。店内は、テーブル席の他に、6名まで利用できる個室も用意してありますので、女性同士、カップル、グループの食事会など、記念日はもちろんちょっとした日常のハレの日にまで利用が可能です。オーナーは、富山康輔シェフ。四国からの直送品である、無農薬のハーブや野菜を使用した料理を提供し、人気店が集中する肥後橋エリアで早くも話題を集める注目店となっています。

 義母が四国の農家をしておりまして、ハーブを育ててもらい、直送してもらったものを使用しています。フランスでの食べ歩きで、南仏はもちろんパリやリヨンにも訪れました。南仏は、バターだけでなく、オリーブオイルを使ったり、付け合わせにクスクスが添えられるなど、イタリアやアフリカの影響を受けた料理が多く登場します。肉や魚のおいしさを引き立てるためにハーブが使用され、クラシックで濃厚なフレンチよりも軽やかな味わいが特徴です。薬効の有るハーブで、おいしい料理をヘルシーに味わってほしいですね。

  四国を訪れた際は、畑を手伝うこともあるという富山シェフ。オードブルやメインはもちろん、デザートまで手造りするというシェフの料理でおいしい時間を過ごせること請け合いです。次ページから、シェフの作る料理の数々を、南仏の香りと共に紹介します。
料理紹介ページへ
 

バックナンバー
ZOOM UP第1回 大阪・豊中 「日本料理・地酒・ワイン 桜会」
ZOOM UP第2回 大阪・靭本町 「羽山料理店」
ZOOM UP第3回 京都・東山七条 「イル・パッパラルド」
ZOOM UP第4回 兵庫・芦屋 「パスティッチェリア アマレーナ」
ZOOM UP第5回 広島・福山  「ビストロ ブール・ブラン」
ZOOM UP第6回 大阪・北新地  「まくろびお」
ZOOM UP第7回 大阪・平野区  「座・松本」
過去の特集一覧
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group