Restaurant guide
レストランガイドTOP
今月のZOOM UP
こだわりレストランリスト
こだわりレストラン検索
今月のZOOM UP - The special edition of a restaurant
ZOOMUP 第11回 大阪・天王寺『Kotikaze』【2006.04.27】
料理やお菓子の味は、必ず作り手の想いが反映されるもの。作り手の想いを知ることで、その料理やお菓子の真実の味に近づくことができます。「ZOOM UP」を読めば、きっと料理やお菓子がもっと美味しくなります。
和モダンの空間でお茶とお菓子でほっと一息 / 『Kotikaze』 大阪市天王寺区空清町2-22
電話 06-6766-6505
営業時間 8:00〜19:00
定休日 不定休
レストラン紹介ページへ
 玉造から徒歩10分。おいしいお茶と和菓子をゆっくりと楽しめる和カフェ『kotikaze』が開店しました。オーナーは近藤郁さん。前職は何とカメラマンだったそうです。その後、何かを作り上げる仕事がしたいと考え、辻調理師専門学校で調理を学びます。卒業後、日本橋の有名割烹『藤久』にて勤務。名店だけあって、仕事の内容は一切手抜きがなく、非常に忙しい毎日であったそうですが、どんどん任せてもらえるので、楽しいものだったそうです。その後、『藤久』のご主人、近藤久さんと結婚。夫婦で働きながらの毎日でしたが、ある日、郁さんはご主人にあることを切り出します。

 「自分のお店を開店したい」

  藤久の女将として働く道もあったはずですが、郁さんは、自分のお店を開店することを選びました。イメージに合う古い民家を見つけて、改装が始まりましたが、あちらこちら直さなければならないところがあり、半年が経過してようやくお店ができあがりました。お店には、1階がテーブル12席。2階が6席の個室と、マッサージ室を用意しました。店内には、イギリスのアンティーク雑貨や、郁さんのお気に入りの和食器が飾られており、一部商品は販売も可能。女性店主の優しさが溢れています。
 「割烹や懐石など、日本料理は敷居が高い。それを払拭したかったのです。とにかく、手頃な価格でお客様にリラックスして頂ける店を開店したかったので、お茶と和菓子でゆっくりとくつろげて、軽い食事を食べられる店にしました」
 と、郁さんは語ります。内装は白を基調にしながらも、格子戸のモチーフや和ダンスなどの調度品が使用されており、和モダンともいうべき、どこか懐かしさのある店内です。お茶というと、畳敷きで正座というイメージもありますが、このお店は、テーブル席になっているため、足が悪い人でも安心してくつろぐことができます。2階のマッサージ室では、体をときほぐす全身とフットマッサージ、フェイシャルマッサージを施術(要予約)してもらうことも可能です。店内からは、お茶のいい香りがふわり。「ほうじ茶を店内で炒っています」と、郁さんは微笑みます。一人でも、お友達とおしゃべりをしながらでも、丁寧に入れたお茶と和菓子でほっと一息つく。こんなゆるやかで贅沢な時間を過ごせる日をつくってみてはいかがでしょうか。

料理紹介ページへ
 

バックナンバー
ZOOM UP第1回 大阪・豊中 「日本料理・地酒・ワイン 桜会」
ZOOM UP第2回 大阪・靭本町 「羽山料理店」
ZOOM UP第3回 京都・東山七条 「イル・パッパラルド」
ZOOM UP第4回 兵庫・芦屋 「パスティッチェリア アマレーナ」
ZOOM UP第5回 広島・福山  「ビストロ ブール・ブラン」
ZOOM UP第6回 大阪・北新地  「まくろびお」
ZOOM UP第7回 大阪・平野区  「座・松本」
ZOOM UP第8回 大阪・西区  「Bistrot le Pichet」
ZOOM UP第9回 大阪・福島区  「チャイニーズ 芹菜」
ZOOM UP第10回 大阪・泉佐野  「シャルル フレーデル」
過去の特集一覧
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group