1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. ニュースリリース
  4. ニュースレター
  5. 辻調グループNEWS LETTER vol.7(料理検定・菓子検定 5072名受検)

辻調グループNEWS LETTER vol.7(料理検定・菓子検定 5072名受検)
2014年07月11日

  • mixiチェック

辻調理師専門学校など、東京・大阪・フランスに食のプロを育成するスクールを持つ日本最大の"食"の教育機関「辻調グループ」(大阪市、校長:辻芳樹)は、食についての深い教養や、専門知識を学ぶ「料理検定」と、お菓子に興味を持つ方々を対象にした検定制度「菓子検定」を2014年6月15日(日)に東京・大阪・名古屋の3拠点で実施し、5,072名が受検しました。


2011年(第6回)の開催以降、「料理検定」は受検者数が年々増加
料理の知恵や知識を測る「料理検定」は、2008年から実施しています。昨年12月、ユネスコ無形文化遺産に「和食:日本人の伝統的な食文化」が登録され、また2020年には東京でオリンピックの開催が決まり、今後、日本の食文化が海外からますます注目されることになります。第9回目を迎えた今回は、2,868名が受検。「普段の業務(仕事)に役立てたい」、また健康を意識して「日常生活で活かしたい」などの意見が多く見受けられました。受検者数に関しては、2011年以降、増加の傾向にあり、食への興味関心が高くなってきている様子がうかがえます。

<料理検定 受検者インタビュー>
Q. なぜ受検しようと思ったのですか

・調理器具家電メーカーに勤めていて、料理の知識を身につけたかった。(20代・男性)

・料理が好きで、仕事とは関係なく学んでみたかった。(20代・女性)

Q. この受検をどんなことに活かしたいですか

・食に関する仕事に就いているので、仕事で役立てたい。(40代・女性)

・食材に関する知識が増えたので、就職してから役に立つと思う。(10代・女性)

・日々の食事に注意を払いたい。今後も食について学んでいきたい。(60代・男性)


初の開催となった「菓子検定」は,2,200人を超える方々が受検

「菓子検定3級」では、製菓の技能ではなく、身近なお菓子についての基本的な知識が問われます。第1回目の実施となる今回は、プリンやショートケーキ、クッキーなどの定番のお菓子の成り立ちや名前の由来、作り方や材料に関する初歩的な問題に加え、柏餅やおはぎ、ようかんなどの和菓子については、どのような行事や節句に関係するのかといった、周辺知識に関する問題も出題されました。受検者からは「お菓子を食べることが好き」といった意見が目立った中で、「今までお菓子に関する検定試験が無かったので、受検した」とお菓子に関する検定を待ち望んでいた回答も挙がりました。

<菓子検定 受検者インタビュー>

Q. なぜ受検しようと思ったのですか

・洋菓子、和菓子ともに食べることが大好きだったので、受検したいと思った。(70代・男性)

・高校生の時は「料理検定」しかなく、お菓子に関する検定があればいいと思っていたので。(10代・女性)

Q. この受検をどんなことに活かしたいですか

・子どもたちに安全なものを食べさせたい。ホームパーティーなどにも活かせると思った。(30代・女性)

・飲食系のアルバイトをしているので、そこで役立たせたい。(20代・女性)

・教育関係の仕事をしていて、子どもたちにアドバイスできるように、自分自身も学びたかった。(40代・女性)


2015年度は「菓子検定2級」も新たに誕生!

初開催となった今年の菓子検定受検者からの好評により、2015年度には、新たに「菓子検定2級」を実施することが決定いたしました。次年度は、料理検定1~3級、菓子検定2~3級を2015年6月14日(日)に、東京・大阪・名古屋の3拠点で実施予定です。


<お問合せ>
辻調グループ企画部:尾藤、渡邉 
TEL:06-6629-0206 
E-mail:press@tsujicho.com



辻調グループNEWS LETTER Vol.7

カテゴリ

ニュースリリース
辻調塾

最近の投稿

ニュースリリース
辻調塾

過去の記事

ページの上部へ戻る