1. 総合情報サイトTOP
  2. 校長 辻芳樹 WEBマガジン

「ぐるなびシェフ BEST OF MENU」は、優秀な技術を持つ日本の料理人たちが技と力の限りを尽くしてコンテストに挑み、日本の新しい食文化が開拓されることを目指して開催されます。このコンテストに参加するシェフたちが、これを登竜門として飛躍的な発展を遂げ、世界のトップレベルである日本のシェフたちの実力と料理人という職業の魅力があまねく世に知られることを願っています。2012年の「ぐるなびシェフ B

毎回、食業界を代表するリーダーを対談形式で紹介する同誌の連載企画「食のリーダーの肖像」。その3月号に、辻芳樹校長が登場します。「料理王国」CEOの尾尻佳津典氏との対談のなかで、教育理念から辻調グループ校の現在のさまざまな取り組みまで、校長自らが語っています。 料理王国3月号2月6日(月)発売株式会社アビーハウス/刊http://www.cuisine-kingdom.com/

■12月9日 毎日新聞(近畿版)夕刊 シネマアングル この冬公開の映画「エル・ブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン」の関西での公開に合わせて、辻芳樹校長が毎日新聞の取材を受けました。 「エル・ブリ」は、驚異に満ちた斬新な料理で、世界中の料理人に影響を与えているスペイン・バルセロナ校外にある3ツ星レストラン。先日、突如閉店し、世界の料理界を驚かせました。 かねてよりスペインの料理界の動向に着目

■9月7日(水)日本経済新聞朝刊 近畿経済面 「日本食のチカラ 関西から海外発信」と題したインタビューシリーズに、辻芳樹校長が登場。東日本大震災後、世界の日本食への評価はどう変わったのか。そして、今後、日本食を世界に広げるために何が必要なのか。こうした課題に対して、辻校長は、外国からの留学生に対する教育の重要性や、今後の日本国内での研修制度の制度的な整備の必要性などに言及。また、日本食の「文

死ぬまえに食べておきたいものは?」をキーワードに、食べることとは、何かを各界の著名人たちに尋ねる。そんな本を作家の宇田川悟さんが出版されます。登場する著名人とは、辻芳樹校長のほか、島田雅彦、奥本大三郎、猪瀬直樹、荻野アンナ、小山薫堂、山本容子、二羽進、田崎慎也、千住明さんなど総勢16名の方々。さまざまな分野で活躍されているみなさんの「食事観」を通して、おのずと、それぞれの人生観が見えてきます。辻芳

ページの上部へ戻る