1. 総合情報サイトTOP
  2. 校長 辻芳樹 WEBマガジン

■ミュージシャン志望から料理人へ:「俺が『吉兆』を継げばみんながハッピーになる」■ 辻:では少し話をすすめさせていただきますけれど、『吉兆』さんほど有名な料亭って日本にはないと思います。これほど有名な料亭の家系に生まれて、周りは料理人ばかり、しかも傑出した才能の料理人ばかりという環境の中で育つと普通は自然に「この店を継がなければいけない」と考えると思うんですが、徳岡さんの場合はいかがでした? 徳

時代を走り続けるシェフたちが作りだすものは料理や菓子だけではありません。人をつくり、店をつくり、自分自身をつくり、何より、この世界そのものを創り出しています。 2010年度の「シェフズインタビュー」はジャンルを超えて料理、菓子の話はもちろん、一人の"創る人"として、シェフの素顔に迫ります。 インタビュアー:辻調グループ校 校長・理事長 辻芳樹 第1回目ゲスト 『吉兆』嵐山本店 総料理長 徳岡邦夫

去る9月15日に、辻調にイギリスの食と旅行をテーマにした雑誌「FOOD AND TRAVEL MAGAZINE」の取材陣が来ました。 彼らの今回の来日取材のテーマは、「大阪・関西の食と旅」。 大阪の「食」と、辻調理師専門学校について、辻芳樹・校長にインタビュー。 大阪の辻調理師専門学校をはじめ、辻製菓専門学校や辻調理技術研究所などをインタビューをしながらの紹介になりました。 彼の興味が、日本の関西

6月27日(土)午前朝からKBS本社のスタジオでのCG用撮影。全面が鮮やかなブルーにされた本格的なスタジオで、校長のCGを撮影。↑動作を自分で見せて演出する李プロデューサー李プロデューサーの演出に従って、何度も校長はカメラ前をゆっくりと歩いたり、カメラに向って進んだり、あるいはダ・ヴィンチの「人体比例図(ウィトルウィウス的人体図)」のポジションを演じたりする。撮影は2時間強に及びました。この撮影が

6月26日(金) 夕刻~夜日本の取材の際にKBSチームに同行された韓国の料理研究家ノ・ヨンヒ先生のスタジオにて現代韓国料理を披露していただく。とても素敵な料理スタジオで、まるでパリの小粋なアパートメントのようなインテリア。随所にノ先生ののセンスが光ります。ノ先生は韓国では有名な料理研究家で、KBSの番組にも何度か協力されています。ノ先生の提案する韓国料理は伝統的な風味を踏まえたうえで、素材の組み合

ページの上部へ戻る