1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>
  4. 【落語食堂】干し柿なます(正月丁稚) 2013/1/8掲載

【落語食堂】干し柿なます(正月丁稚) 2013/1/8掲載
2013年01月08日

  • mixiチェック

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調理師専門学校の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。

第10回目のお噺は、『正月丁稚』。

お正月らしく2013年の「落語食堂」の幕開けです。

「正月丁稚」は、丁稚の定吉と旦那さんとの掛け合いです。
元日早々から縁起の悪いことをいう定吉。面白くてお腹を抱えて笑ってしまうお噺です!!


そんな縁起の悪いことばかり言う定吉のお噺ですが、やはりお正月には縁起の良いほうが!
ということで、今回のお料理は、縁起の良いものばかりをご紹介!
このお正月料理を再現したのは、日本料理の若林聡子先生です。

 
 

【干し柿なます】IMG_3841.JPG

 

 


●材料● 4人分
干し柿・・・・・・・・2個
大根・・・・・・・・・80g
金時人参・・・・・・・15g
甘酢
_酢・・・・・・・・・200cc
_水・・・・・・・・・200cc
_砂糖・・・・・・・・90g
_塩・・・・・・・・・適量
立塩
_水・・・・・・・・・500cc
_塩・・・・・・・・・30g
_昆布・・・・・・・・5cm角1枚
切り胡麻・・・・・・・適量


●作り方●
1.立塩を作る。
2.干し柿は千六本に切る。立塩に約10分つけ、ざるに上げて水気をきる。
3.大根、金時人参はそれぞれ干し柿と同様に切る。
4.大根は立塩に約10分つける。
5.金時人参は、熱湯にさっと通し、水に落とす。立塩に約10分つける。軽く水気を絞る。
6.干し柿、大根、金時人参を混ぜ、甘酢に3~4時間つける。
7.器に盛り付け、切り胡麻を振りかける。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る