1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>
  4. 【落語食堂】正月料理:干瓢巻き(けんげ者茶屋) 2014/01/07掲載

【落語食堂】正月料理:干瓢巻き(けんげ者茶屋) 2014/01/07掲載
2014年01月07日

  • mixiチェック

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。


今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。
年始にぴったりのお正月らしいお噺です。

元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、
芸妓をからかうお噺。


お噺に登場し、旦さんにからかわれるお節料理を作ったのは、
日本料理の中林直也先生。

今回の対談で吉坊さんからはゲンの悪い言葉は出なかったようで、ホッとしているようです。



正月料理


rakushoku-osechi-ryourimei.jpg



干瓢巻き


kannpyoumaki.jpg


●材料● 4人分
干瓢・・・・・・・・・・・30g
独活・・・・・・・・・・・1/2本
金時人参・・・・・・・・・1/2本

煮汁
_だし汁・・・・・・・・・900ml
_砂糖・・・・・・・・・・30g
_味醂・・・・・・・・・・50ml
_薄口醤油・・・・・・・・20ml
_濃口醤油・・・・・・・・20ml
_鰻蒲焼の頭(半助)・・・・2尾分

(分量外)塩

●作り方●
1. 鍋に煮汁のだし汁と調味料を合わせる。
2. 干瓢はさっと洗って塩もみをして水にさらす。たっぷりの熱湯でゆでる。爪がたつくらいまでゆで、水に落として冷ます。水気を絞り、煮汁適量でさっと煮て、ひと晩おく。
3. 独活と人参は約8mm角、12cm長さに切って塩ゆでする。煮汁適量で煮て、ひと晩おく。
4. 独活と人参を市松模様になるように組み、直径2.5cmになるよう干瓢でらせん状に巻き、竹の皮で結ぶ。
5. 残りの煮汁にガーゼに包んだ半助を加え、干瓢巻きを15分煮てそのまま冷ます。
6. 適当な大きさに切る。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る