1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 00<メディア登場料理>

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「時うどん」。有名なお噺ですね。関東と関西では、タイトルもお噺の内容も少し違うようですが・・・。「時うどん」では、客が店主に時間を聞いて、うどんの代金をごまかして・・・。お噺では、かけ

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「時うどん」。有名なお噺ですね。関東と関西では、タイトルもお噺の内容も少し違うようですが・・・。「時うどん」では、客が店主に時間を聞いて、うどんの代金をごまかして・・・。お噺では、かけ

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。今回のお噺は、「時うどん」。有名なお噺ですね。関東と関西では、タイトルもお噺の内容も少し違うようですが・・・。「時うどん」では、客が店主に時間を聞いて、うどんの代金をごまかして・・・。お噺では、かけ

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。 今回のお噺は、「京の茶漬け」。京都では、お客さんが帰るときに「ちょっと、お茶漬けでも。」とあいさつをすることがあったそうで・・・。今もその風習は残っているとか、残っていないとか・・・。このお噺では

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。 今回のお噺は、「京の茶漬け」。京都では、お客さんが帰るときに「ちょっと、お茶漬けでも。」とあいさつをすることがあったそうで・・・。今もその風習は残っているとか、残っていないとか・・・。このお噺では

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る