1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 10<パン>ベンチタイム
  4. 【ベンチタイム】パン・アロマティークを使って

【ベンチタイム】パン・アロマティークを使って
2015年09月25日

  • mixiチェック

<【ベンチタイム】ってどんなコラム?>

A(浅田)
: 前回は生地種を使ったパン・アロマティークを紹介しました~。

M(松井): シブレットとチーズを練りこんでフィセルぐらいの大きさで作りましたよね。今日はそのパン・アロマティークを使ったバリエーションをいくつかご紹介します。

O(尾岡):そのまま食べてももちろんおいしいのですが、少し手をかけて、例えばフランス版サンドイッチ、カスクルートにするのもお勧めです。

M: 左のカスクルートはわさび菜とペッパーシンケンをはさみました。右のカスクルートは厚切りベーコンを炒めてスクランブルエッグと一緒にはさみました。



A: パン生地にアクセントがあるので、味の強いペッパーシンケンとピリッとしたわさび菜はよく合うよね~。ベーコンと卵は王道。卵の優しい味にシブレットとチーズが良く合います。

O: カスクルートはできあがった焼き上がったパン・アロマティークを使ってつくりますが、生地を応用するともっとバリエーションが広がりますよ。今日はベーコンエピとじゃがいもを包んだパンの2種類をご紹介します。

A: いろいろバリエーションが広がるのは楽しいですよね~。生地の香辛料を変えてもいいし、はさむ具材を変えていろいろなコラボレーションを楽しむのもおすすめ!いろいろチャレンジしてくださいね~。

M:次回は発酵種法の続きで、ポーリッシュを使ったフォカッチャを作ります。お楽しみに~♪

このコラムの担当者

♪ ふんわり三姉妹 ♪

浅田紀子

尾岡久美子

松井美穂

このコラムのレシピ

ベーコンエピ
じゃがいもとチーズのパン

バックナンバー

こちらからどうぞ♪

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る