1. 総合情報サイトTOP
  2. 食のコラム&レシピ
  3. 09<製菓>百人一首と和菓子
  4. 【百人一首と和菓子】恋燃ゆ

【百人一首と和菓子】恋燃ゆ
2016年03月16日

  • mixiチェック

<【百人一首と和菓子】ってどんなコラム?>



お菓子について
歌に出てくるさしも草=よもぎを、外郎生地に混ぜて、内ぼかしに使いました。
言いたくても言えない恋心を、水紅色や本紅色に染めた生地で表わしました。
さらに、中央を尖らせることで、燃える思いを炎に見立てて表現しました。

豆辞典
51 藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)
 平安時代の歌人です。生まれた年は、はっきりしませんが、西暦998年に亡くなったとき、40歳くらいだったといわれます。26番の歌の作者貞信公(ていしんこう)のひ孫にあたります。父親が早くに亡くなったので、叔父さんの養子となります。
 舞が上手で、評判の歌人でした。当時の貴公子らしく、恋愛も派手だったようで、62番の歌の作者である清少納言(せいしょうなごん)の恋人だったこともあります。円融(えんゆう)天皇や花山(かざん)天皇の時代には、出世していますが、一条天皇になってからは、出世とは縁が遠くなったようです。1000年前も今と変わらず、権力者が変わると、その周囲の人間の地位にも影響は及びました。陸奥守(むつのかみ)となって東北に赴任し、都に帰ることなく亡くなりました。

 さて、歌の方ですが、
「これほど、あなたに恋しています!」とさえ、言うことができないので、伊吹山のさしも草ではないけれども、あなたは「それほどまで」とは、ご存じないでしょう、私のこの燃える思いを。
というくらいの意味です。

 「さしも草」はよもぎの別名で、お灸に使う「もぐさ」になります。伊吹山は滋賀県と岐阜県の境にある山で、薬草が取れる場所として古くから知られていました。
 掛詞・縁語・序詞がさまざま使われています。古典の時間ではないですが、解説すると、「いふき」には「伊吹山」と「言ふ」が掛けられていて、「伊吹山」といえば薬草に連想が行くので「伊吹山」は「さしも草」に関係がある言葉です。そして、「いふきのさしも草」の部分が「さしも知らじな」を引き出す序詞であって、「もゆる思ひ」の「ひ」に「火」が掛けられていて、さらに、「さしも草」はもぐさになるので「燃える」や「火」に関係しています。
 これほどまでに技巧をこらした歌ですが、肝心の恋心は、相手の女性に届いたのでしょうか。

このコラムの担当者

演歌の星、和菓子職人
金澤賢吾

辻調の御言持(みことも)ち
重松麻希

このコラムのレシピ

恋燃ゆ

バックナンバー

2009年8月まではこちら
2009年9月からはこちら

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る