1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 2018年12月

12月4日(火)に掲載された「美食地質学入門」。今回のテーマ食材は「サワラ」。「魚」に「春」と書きますが、実はこの時期の冬にかけて脂がのっておいしい魚なんです。今回の取材では、約3.5キロのサワラを使用しました。写真からサイズ感が伝わるでしょうか?サワラの焼き霜造り(手前)、じょうよ蒸し(左)、けんちん焼き(奥)大引先生が「サワラは刺し身にしてもいいし、煮る・焼く・蒸すなど様々な調理法にも合う魚。

12月3日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。スペインの小さな村で生まれたお菓子が今も手作業で作られ、スペイン中で愛されているなんて、何だか温かいお話でした。さて、グレーテルが残したメッセージは「新食感を発明・・・¡Olé!」今宵ひもとくのは、「スペイン・幸せのポルボロン」です。およそ300年前、スペインの小さな村で生まれ、主婦の知恵で、村を支える一大産業に発展したお菓子が、ポルボロン。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る