1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど
  5. "グレーテル"のスタジオから【フランス・コメルシー娘のマドレーヌ】

"グレーテル"のスタジオから【フランス・コメルシー娘のマドレーヌ】
2013年12月19日

  • mixiチェック

12月13日放送のグレーテルのかまど、いかがでしたか?

 

今回のテーマは「フランス・コメルシー娘のマドレーヌ」。

マドレーヌは、日本でも一般的なお菓子ですが、

発祥の地でもある本場フランス・コメルシーのマドレーヌでは、

朝昼晩とマドレーヌ。

甘くないものもあったりと、番組をみてびっくりした方もいるのではないでしょうか?

 

でも、貝殻の型が必須です。

 

1_20131208IMG_4856.jpg 

 

2_20131208IMG_4766.jpg 

この入れ物は、コメルシーのマドレーヌのお店のもの。

もみの木でできているそうです。

写真は、マドレーヌが一個だけ入る箱です。かわいいですね。

辻調グループのフランス校から、学校に送られてきました。

 

 

3_20131208IMG_4853.jpg 

グレーテルのかまどの収録現場は、いつもながら和気あいあいです。

すでに、三年目に入ったグレーテルのかまどでは

ヘンゼルこと瀬戸さんはじめ、スタッフも先生方も顔なじみ。

流れもよく把握しています。

 

 

4_20131208IMG_4855.jpg 

 

しかし、今回のマドレーヌを作る際の難関は、「焼き加減」でした。

 

コメルシーのマドレーヌは、真ん中がぷっくりしているのが特徴ですが

オーブンによって、同じ温度でも焼き上がりがかわります。

 

焼き菓子などでは、試作では問題なかったものも

収録現場の状況によって仕上がりがかわることも。

 

 

5_20131208IMG_4869.jpg 

最初に高温で膨らませて、少し火を落として中まで焼く。

これは、オーブンを覗きながら確認するほかありません。

 

7_20131208IMG_4867.jpg 

先生がたも、オーブンをみながら焼き加減をチェックです。

 

最後に仕上がりを決めるのは、目安の焼き時間だけではなく、

何度もやってきた経験の積み重ねから、焼き色や膨らみ具合で判断します。

 

さて、焼き上がりは。。。

 

8_20131208IMG_4871.jpg 

一つ、最後の、「プク」が。。。

 

手前と奥でも焼き上がりが違います。

材料や手順はシンプルですが、同じように、作るって難しいんですね。

左の膨らんでないのは、製品なら店頭には出せません。

もちろん、味は美味しくてもです。

 

グレーテルのかまど的には、キレイにできたのもあるので、よしとしましょう。 

 

さて、気を取り直して、アレンジです。

 

9_20131208IMG_4879.jpg 

チョコレートがけの、マドレーヌを作ります。

これまた、美味しそう!

 

10_20131208IMG_4918.jpg

 

「焼き加減」。

お菓子を作るには、避けては通れない工程ですよね。

その難しさを実感した収録でした。

 

 

さて、今回の収録には

エコール 辻 東京のプレスアシスタントの学生が見学と取材にきていました。

 

11_20131208IMG_4883.jpg

それは、こちらをご覧ください。

https://www.tsuji.ac.jp/kyoiku_support/shokuiku/tspa/tspa35.html

 

 

では、ぷっくり、おなかの膨らんだコメルシーのマドレーヌ、

是非、チャンレジしてみてください。

 

12_20131208IMG_4894.jpg

食べすぎには、ご注意を!

 

では、次回の「グレーテルのかまど」も、お楽しみに。

--------------------------
『グレーテルのかまど』
毎週金曜日放送 21:30~21:55 【NHK Eテレ】
★辻調「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
https://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/index.html
番組公式HPはコチラ↓

http://www.nhk.or.jp/kamado

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る