1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど
  5. "グレーテル"のスタジオから【フォレスト・ガンプのチョコレートボックス】

"グレーテル"のスタジオから【フォレスト・ガンプのチョコレートボックス】
2014年02月21日

  • mixiチェック

2月14日放送のグレーテルのかまど

「フォレスト・ガンプのチョコレートボックス」はいかがでしたか?

 

ホワイトバレンタインデーとなった金曜日。

グレーテルのかまども、テーマはチョコレート。

 

なんと可愛らしいチョコレートボックス!

1IMG_1278350.jpg 

どれを食べようか、迷いますね。

まさに、「食べてみなければわからない」チョコレートボックスです。

 

チョコレートは、板チョコやチョコレートケーキなど

グレーテルでも何度か取り上げてきましたが

作るときのポイントは、なんといっても「温度」!

 

テンパリングといわれる「調温」によって
チョコレートの味が変わります。

 

2IMG_1041350.jpg 

艶々したチョコレートですが、これは混ぜるときに

泡だて器ではなく、ハンディブレンダーやハンディプロセッサーと呼ばれるもので混ぜ合わせました。

 

3IMG_1039350.jpg

普通のミキサー(泡だて器)と違って、空気や余計なものを抱き込まないため、艶のある仕上がりになるそうです。

 

さて、話は調温に戻りますが

今回使用するチョコレートは、スイートチョコレートとホワイトチョコレート。

 

チョコレートの種類によって、何度にすればよいのかが変わります。

 

 

4IMG_1045350.jpg 

秋元先生曰く、聞かれたらすぐに答えられるように

製菓の学生はこれをきちんと覚えないといけないそうです。

現場では、本を開いて確認しているヒマはないですからね。

「なるほど~」とスタッフの方から感心されてしまいました。

 

さて、今日はカラフルなチョコレートたちを作りますので

こんなものも用意されました。

 

5IMG_1136350.jpg 

いろいろな種類のある転写シートです。

お店などでは、ロゴの入ったオリジナルの転写シートを作っていますが

もちろん、辻調にも、オリジナルロゴのものがあります。

20160220IMG_6243350.jpg

 

こちらは、まるで絵を描くみたいですが

 

 

6IMG_1182350.jpg 

 

7IMG_1246350.jpg

筆に絵の具。

この絵の具みたいのは、油性の食用色素です。

チョコレート自体が油脂を含んでいるので、水性の色素では弾いてしまうからです。

 

8IMG_1185350.jpg 

これは、試作の型をお借りしました。

上は、チョコレートを溶かして描いたもの。

下は、食用色素を使ったもの。

 

これに、ホワイトチョコレート流し込むと。。

 

9IMG_1037350.jpg 

こんなマーブル模様に!

 

同じように、バラの花の方を使えば

 

10IMG_1173350.jpg 

こんなきれいなお花ができあがります。

 

11IMG_1196350.jpg 

扱いの難しいチョコレート、瀬戸さんの作業を見守る山下先生です。

授業もこんな感じなのかな。 

 

12IMG_1163350.jpg 

転写シートを使って、こんなカラフルなチョコもできました。

 

スタイリストさんが、出来上がったチョコをえらんで

きれいに箱詰めしてくれました。

14IMG_1239350.jpg

 

13IMG_1232350.jpg 

 

 

さて、グレは、少しは元気になってくれたかな?

みなさんも、ぜひお試しあれ!

 

では、また次回の「グレーテルのかまど」をお楽しみに。

--------------------------
『グレーテルのかまど』
毎週金曜日放送 21:30~21:55 【NHK Eテレ】
★辻調「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
https://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/index.html
番組公式HPはコチラ↓

http://www.nhk.or.jp/kamado

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る