1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど
  5. "グレーテル"のスタジオから【究極のチョコレートケーキ】

"グレーテル"のスタジオから【究極のチョコレートケーキ】
2019年02月12日

  • mixiチェック

2月11日放送の<グレーテルのかまど>、いかがでしたか。

もうすぐバレンタインデーですね!
ひと足先に、味も形も変幻自在なチョコレートの魅力、堪能していただけましたか。

さて、グレーテルが残したメッセージは
「今日も探求!」



今宵ひもとくのは、「究極のチョコレートケーキ」です。

1986年にフランスの国家最優秀職人章「MOF」を獲得し、
ショコラの魔術師とも呼ばれているジャン=ポール・エヴァン氏。
日本にも各地にお店がありますね。

今宵は、エヴァン氏のスイーツの中で最高傑作とも言われている、
「グアヤキル」と名付けられたチョコレートケーキについて。
エヴァン氏がヘンゼルのために特別バージョンを考えてくださいました。


それでは、
"アロマ際立つ軽さを目指せ!"
エヴァン氏特別バージョンのチョコレートケーキを作りましょう。

カカオの香り(アロマ)を生かすには軽さが大事。
軽さを出すにはスピード勝負です!
レシピ指導をする野口恵先生(エコール 辻 東京)と入念に段取りの打ち合わせ。



まずはビスキュイ作り。
メレンゲの軽さをキープするために手早く作業します。
ヘンゼルは1人で大忙し。

 

エヴァン氏はこのケーキに、ショウガやユズを試すなど
日々、味を変化させているそうですが、今回考えてくれた特別バージョンは、
ビスキュイにしみこませるシロップにウイスキーを加え、
食感を楽しむ「クリスティヤン(=カリッとしたもの)」を入れるというもの。

今回のクリスティヤンはキャラメルにアーモンドを加え、冷めたて固まったら、
フードプロセッサーで砕いてケーキの型の一番下に。

 

そして、ベネズエラ産の2種のチョコレートを混ぜたムースをその上に乗せて、
さらに、ビスキュイ→ウイスキーのシロップ→ムース→ビスキュイ・・・
と繰り返して重ねていきます。



最後に、チョコレートをかけてパウダーを振ったら完成!
とってもきれいな層ができました☆

 

それぞれの層のチョコレートの味と食感を楽しんで!
そして、もうひとつの食べ方も番組で紹介していましたね。
ぜひ試してみてください。

エヴァン氏はチョコレートの魅力について
「あらゆる表現ができること」と言っていました。
形状はもちろん、あらゆる素材との組合せが無限に広がること。
そのために、産地に足を運んでカカオの味を確認したり、
1日に100種以上のチョコレートをテイスティングしたり・・・
まさに、ショコラの探求者ですね。

究極のチョコレートケーキ レシピはこちら


月曜日の夜は、グレーテルのかまどをお楽しみに!
-----------------------
『グレーテルのかまど』
毎週月曜日放送 【NHK Eテレ】 22:00~22:25 
(再放送)翌週月曜日 【NHK Eテレ】 10:25~10:50
(再放送)毎週金曜日 【NHK総合】 11:05~11:30 ※一部地域を除く

★番組公式HPはコチラ↓
http://www4.nhk.or.jp/kamado/
★辻調「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
http://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/
-----------------------

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る