1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ

5月23日放送のグレーテルのかまど「Jリーガー・松田直樹の友情のパンケーキ」はいかがでしたか?   4年に一度、サッカーに世界中の注目が集まる時期になってきました。   多くの日本人サッカー選手の中でも、サッカーファンにとって 記憶に残る選手となった松田直樹選手。 アスリートにとって、健康管理はとても重要。   松田選手も、甘いものが大好きだったようですが、 ずいぶん

いよいよ明後日の日曜日、「みをつくし料理帖」放映です。今日は山場のシーンの撮影裏を紹介します。   第一の山場は主人公の澪が鱧をさばくシーンです。鱧という魚は非常に攻撃的かつ凶暴で、プロの料理人でも最大限の注意をしつつ取り扱います。もし、噛みつかれたらすごい傷をおってしまうことになります。 加えて鱧の骨切りはけっこう難しい技術です。 この演技を主演の北川景子さん見事にこなされました。 こ

『銀二貫』終わってしまいましたね。いや~心温まる話でした。 自分の父親を切った男を前に松吉が 「わては天満の商人だす。刀で命のやりとりはしまへん」と言い切ったシーンよくなかったですか? 松吉と真帆もやっと自分の心に正直になれました。婚礼のシーンもすてきでした。 そして、松吉は練り羊羹を作り出しました。 最終話はすでに観られていると思いますので、少し写真特集的に紹介します。   松吉が作り

撮影が始まって1週間後くらいになればだんだんと全スタッフの息が見事にシンクロしてきます。それぞれに無駄な動きがなくなって見事な動きになっていきます。 音声の方、衣装の方、記録の方、照明の方、美術の方、製作進行の方、等々が監督の指示のもとで自分のやるべきことをきちんとこなしていきます。まさに「~組」という ひとつのチームになっていくのです。このあたりが撮影現場の醍醐味のような気がします。  

約1年半ぶりにあの「みをつくし料理帖」(続編)がドラマスペシャルとして戻ってきます。 今回も辻調グループの先生方が主役の北川景子さんの撮影前の料理指導から、撮影中の料理作成、所作指導に全面的に協力しました。 放映まで3回ほどに分けて、撮影の裏の様子を公開していきます。 撮影は先回と同様、京都の東映太秦撮影所にて行われました。撮影開始は3月中旬、寒さとやわらかな春の空気が混在する中で始まりました。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る