1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. おちゃのこSaiSai
  5. J:Comチャンネル「おちゃのこSai Sai」:「マロニー」と湯川先生

J:Comチャンネル「おちゃのこSai Sai」:「マロニー」と湯川先生
2014年12月18日

  • mixiチェック

 こんにちは、kuboT!です。

12月5日(金)放送のJ:COMチャンネルの番組

『関西満載 おちゃのこSaiSai』のコーナーSaiSaiクッキング☆に

辻調理技術研究所 日本料理の湯川先生が出演し料理を披露しました。

今回のテーマ食材は、 前週金曜日に同番組で紹介された吹田で作られている「マロニー」

関西では鍋物には欠かせないマロニー。

少し地味だけど、無いと寂しいマロニー。

そんなマロニーを使って 湯川先生が紹介したのは、

20141218001.jpg

「変わり茶碗蒸し」

マロニーの食感が絶妙に活きた一品になりました。

それではレシピをどうぞ。

【 材 料 】 4人分

マロニー 30g
蟹の身 4本
青葱   2本 (マロニー炒め用)  
濃口醤油 大匙1  
大匙1/2  
砂糖 大匙1/4  
胡麻油 小匙1

(茶碗蒸し生地)  
3個  
だし汁 600㏄
味醂 10㏄
小匙1/3
薄口醤油 20㏄  

【 作 り 方 】
1. マロニーを半分に切り、お湯で硬めに茹でる。
2. 蟹の身はあらほぐしする。青葱はきざむ。
3. 卵をよく溶きほぐしだし汁と調味料を加え茶碗蒸しの生地を作り裏漉しする。
4. フライパンにごま油をひき火にかけ1のマロニーを炒める。調味を加えて味付けする。
5. 4を器に盛り付けて、2と3の生地を流して蒸し器で強火で約5分蒸し生地の表面が白くなれば弱火で約15分蒸す。

ポイントは、マロニーを硬いめに茹で、生地と合わせる前に炒めること。
これで味が染みやすくなります。
もう一つのポイントは蒸す時間。
始めは強火で約5分蒸し、その後ふたを開けて 生地の表面が白くなっていれば弱火に変えて約15分蒸します。
こうすることで、なめらかな食感が生まれます。
ちなみに、具はアレンジしてみても楽しいですよ。

20141218002.jpg

次回は19日の金曜日、
辻調理師専門学校 西洋料理の安場先生が
寒天を使って料理を披露します。

是非ご覧ください!

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る