1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 12月7日の『読売新聞』で岡田先生がおせち料理を解説

12月7日の『読売新聞』で岡田先生がおせち料理を解説
2011年12月06日

  • mixiチェック

12月7日の『読売新聞・全国版』の「食 キホン」という月一回の連載企画で、
エコール 辻 東京の日本料理教授、岡田先生がおせち料理について解説します。

「三ツ肴」
↑今回のテーマはおせち料理のひとつ、「三ツ肴」。 

黒豆・数の子・田作り(関西はタタキごぼう)の3つで構成される「三ツ肴」は、おせち料理には欠かせない料理。
そこでこの三ツ肴の中から、「数の子」の調理のコツをご紹介します。
ご家庭でも即実践できる、簡単テクニックと、その理由を分かりやすく解説。 

「三ツ肴」撮影
↑撮影はこんな感じで行われました。


イメージ1 イメージ2
↑続いて手元のアップも撮影。先生は記者さんに丁寧に解説しながら、どんどん作業を進めます。

撮影をお手伝い
・・・とその後ろでは西岡先生も撮影をお手伝い。

さて、ご家庭で簡単に手に入る『アレ』でできる、おいしくなるプロのコツとはなんでしょう??
ぜひ読売新聞の記事をご覧ください!!

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る