1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 『落語食堂 らくしょく』開店!(22日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(22日目)
2014年01月07日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)1/7(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!
今回のお題は、「けんげ者茶屋」。

年始にぴったりのお正月らしいお噺です。
元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、
お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、芸妓をからかうお噺。


お噺に登場し、旦さんにからかわれるお節料理を作ったのは、
日本料理の中林直也先生

今回の対談で吉坊さんからはゲンの悪い言葉は出なかったようで、ホッとしているようです。


2014.01.07.rakushoku-1.JPG



2014.01.07.rakushoku-2.jpg



みなさまのお家ではどんなお節料理を楽しみましたか?
吉坊さんはじめ、編集長もこのお節料理をとても楽しみにされていました!


さて、対談の風景!
と、その前に。


2014.01.07.rakushoku-3.JPG


吉坊さんが新春号なので、ということで紋付き袴で登場!
せっかくなので、写真撮影を!

「七五三みたい・・・」どこからともなく聞こえてくる声。
「千歳あめ、忘れてるような・・・」とか(笑)



無事に撮影も終えて、次こそ対談!


2014.01.07.rakushoku-4.JPG


七五三の記念撮影の後やのに、お酒はいいのか?
って、突っこみが聞こえてきそうですが・・・(笑) 









今回は、特に日本料理でよく使う「皆敷(かいしき)」について。
中林先生が使ったのは、「裏白」、「ゆずりは」、「バラン」など。


「裏白」や「ゆずりは」、「バラン」など皆敷もいろんな意味があるんだなぁって、
改めて勉強できました!



2014.01.07.rakushoku-5.JPG



今回のお節料理を詰めている重箱ですが、実は、かなり高価な骨董品!
吉坊さんもドッキドキで蒔絵を見つめてます。


本当にこの蒔絵がすごいんです!!


2014.01.07.rakushoku-6.JPG



丁寧に大切に使えっているので、とってもいい味が出ています!


2014.01.07.rakushoku-7.JPG


吉坊さんも中林先生もいいお味が出てきたところで、
本日もお後がよろしいようで・・・。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る