1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞

明日、12月27日の産経新聞に掲載される「年越しそば」の作り方にエコール 辻 東京、日本料理の柴田邦彦先生が取材協力をしました。   家庭でできる美味しい年越しそばの作り方をご紹介。   和食が、世界無形文化遺産に登録され、出汁などについても注目が集まっています。せっかくの機会ですから、今年の大晦日は美味しいおそばを作って年を越してみてはいかがでしょう?   昆布、サ

毎日新聞夕刊(関西版)12/3(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお題は、「鉄砲勇助」。このお噺には、料理は全く出てきません。出てくるのはウソとダジャレばかりです。料理が出てこないこのお噺で、どんな風に調理するのでしょうか?そうそう、お噺には鴨が刈られて、刈った鴨から芽がでて、カモメとなる・・・。なんともホラーなところがありますが、そのなんともホラーな部分を料理にしたのは、日本

毎日新聞夕刊(関西版)11/5(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお題は、「時うどん」。うどんのお代をごまかすお噺です。二人合わせて十五文しか持っていないのに、一杯十六文のうどんを食べる。お勘定の時になって、「一つ、二つ・・・」と細かい銭を数えながら、店主に時間を聞く。うどんを食べる時間と店主に時間を聞くタイミングが大事ないたずらです。それを間違うと代金が十六文より高くなります

毎日新聞夕刊(関西版)10/1(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお題は、「京の茶漬け」。 京都では、お客さんが帰るときに「ちょっと、お茶漬けでも。」とあいさつをすることがあったそうで・・・。今もその風習は残っているとか、残っていないとか・・・。このお噺では、ある大阪の男が京都の知り合いの家から帰り際に言われる「お茶漬け」を食べてみたいといういたずら心から、その茶漬けをごちそう

毎日新聞夕刊(関西版)9/3(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回のお題は、「煮売屋」。 お伊勢参りに出かける道中のお噺。煮売屋に入って注文をする二人。品書きを見て注文して店主とやり取りするが料理は出てこず・・・。ついには器ごと持って逃げだす始末。そこから違うお噺につながる。 今回の担当は、日本料理の中林直也先生。     吉坊さんがいらっしゃるまでに料理写真を

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る