1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞

毎日新聞夕刊(関西版)9/11(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!今回は、『寄合酒(よりあいざけ)』というお噺。 仲のいい友達どおしで集まって、楽しく飲もう!というお噺ですが、酒の肴は、それぞれが持ち寄る企画。集まったメンバーから持ち寄られた肴は、けったいなものばかりだったようで・・・(汗) そんな肴を日本料理の若林聡子先生は、鯛づくしで勝負! ☆鯛昆布締め ☆鯛蕪 ☆鯛ご飯 今日も

毎日新聞夕刊(関西版)8/14(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!さてさて、本日のお品書きは、「次の御用日」。 丁稚の常吉が遅いお昼ご飯を食べているときに、主人から使いを頼まれるお噺。常吉の賄いはどんなものだったのでしょうか?  今回の料理は、器にも詳しい木村栄至先生!すでに吉坊さんの前には、この日のメニューが並んでいます。いつもどおり、吉坊さんの目はすでにキラキラでした!

毎日新聞夕刊(関西版)7/17(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!さてさて、本日のお品書きは、「遊山船」。先週末から「夏本番!」と感じられる大阪ですが、こんなに暑いと鰻が食べたくなりませんか? 夏のスタミナ食材を代表する“鰻”を料理するのは、日本料理の杉浦孝王先生!今日は、こんなに活きがいい鰻を用意しました!!みなさん、鰻のさばき方、東京と大阪で違うの知ってま

毎日新聞夕刊(関西版)6/19(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!さてさて、本日のお品書きは、「青菜」です。初夏のこの季節にピッタリのお噺ではないでしょうか? このお噺で紹介される料理は3品。日本料理の山下彰啓先生が再現しました。再現料理のひとつに、“鯉の洗い”が登場!吉坊さんたっての希望で、鯉をさばくところから今回はスタートしました!教壇に向かって、授業を受

さてさて、『落語食堂 らくしょく』開店から2日目を迎えました!!初日の『天神山』も大好評だったようで(ニヤリ)今回の噺は、「足上がり」!料理を再現するのは、日本料理の若林聡子先生です。再現された料理は、こちら↓↓↓*かまぼこ*サバのきずし*天ぷら*ようかんときんとんレシピは、コチラから。それでは、吉坊さんとのおしゃべりも盛り上がっているところに、潜入してきます!!ちょ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る