1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 『落語食堂 らくしょく』開店!(3日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(3日目)
2012年06月19日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)6/19(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!

さてさて、
本日のお品書きは、「青菜」です。

初夏のこの季節にピッタリのお噺ではないでしょうか

このお噺で紹介される料理は3品。
日本料理の山下彰啓先生が再現しました。

IMG_8154.JPG

再現料理のひとつに、“鯉の洗い”が登場
吉坊さんたっての希望で、鯉をさばくところから今回はスタートしました

教壇に向かって、授業を受ける学生さながらの吉坊さん。
辻調の学生に授業をするようにふるまう山下先生

あっという間に、鯉はさばかれ“洗い”になっていきます。

 

***********************************
対談が始まり、吉坊さんの前には、“煎り卯の花”と“小松菜の煮びたし”が並びました。

IMG_8318.JPG

「青菜」では、登場する人物は、「青菜」が食べれません。
お噺では、「青菜」はすでに隠居の奥さんが食べてしまってないのです。
落語食堂では、山下先生が季節やその時の情景を想像して、
「小松菜の煮びたし」に・・・。
なにやら、吉坊さん、じーっと煮びたしを観察中。
IMG_8378.JPG IMG_8379.JPG
「ふむふむ」                        「ほうほう」
IMG_8380.JPG IMG_8385.JPG
「へぇ~」                          「なるほど~」

と、吉坊さんが興味深々なのは、「糸花鰹」!
細~く削られた鰹節。
口に含むとふわっと、鰹節のいい香りが広がります。


いよいよ“鯉の洗い”が吉坊さんの前に並びました!!

 

 

 

そして、あの鯉が吉坊さんの口に・・・。
というところで、

「ちょっと待ってください!」と山下先生。
よくよくお皿を見ると、わさびがない!く("0")>なんてこった!!

「青菜」で食べる“鯉の洗い” は、わさび醤油でいただきます。
あわてて、 わさびを擦りおろす助手の先生(汗)

ハプニングも起こったところで、オチもOKでしょう!!

今回もそろそろ、お後がよろしいようで・・・。

『落語食堂』特設サイトはコチラ
今回のレシピ掲載はコチラ

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る