1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 落語食堂
  5. 『落語食堂 らくしょく』開店!(27日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(27日目)
2014年07月01日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)7/1(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!
今回のお噺は、「崇徳院」。


若旦那の作次郎が薬では治らない重病に・・・よくよく聞くと娘に一目惚れしたとか。
娘を探し出せば作次郎の病も治ると、幼馴染の熊五郎が人探しに奔走する。
「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わんとぞ思う~♪」
何とも、のどかなお噺。


お噺に出てくる生国魂神社から、
昔、生国魂神社の前でよく売られていたという蓮飯をテーマに料理を作ったのは、
日本料理の若林聡子先生


raku27_0.jpg


「蓮ということで今日はれんこん尽くしです」と若林先生が言うと
「人生穴だらけっちゅうことですね。」と吉坊さん。
この素晴らしき食い気味の切り返し。関西人は恋に落ちますね。

そう、今回は恋のお噺です。


まずは"鱧の吸物"。


raku27_1+.jpg


いつも蓋を開けた時に、いろんな反応をしてくれる吉坊さん。
今回は、吸物に添えられている緑の丸い断面をまじまじと眺める。


raku27_6.jpg


実は、これは若い柚子なんです。


raku27_7.jpg


この時期の季節感を演出するために若い柚子の実を。
こんなに小さな実ですが、しっかり柚子の香りがしていました。



そして"れんこんのおこわ"。


raku27_3+.jpg


蓮の葉ってこんなに大きいんですね。


raku27_9.jpg


この乾燥した蓮の葉は、銅鍋で2日間かけて戻すそうです。



そして涼しげな"れんこん餅のかき氷"。


raku27_5+.jpg


「出会いの場がお茶屋さんだったので・・・」と
お茶屋をイメージした粋なメニュー。

蓮の葉を器にしたくて、この絶妙な大きさの蓮の葉を探し回ったという若林先生。
この葉は、和歌山の公園からやってきました。


これで終わりかと思いきや、
若林先生、自らお茶をたて始めました。


raku27_11.jpg


何のご縁か、若林先生が初めてお茶会に参加したのが
お噺に出てくる生国魂神社だったそうで、そこで使った茶器を披露。


raku27_12.jpg



ところで、この日の吉坊さんの御召物にはカエルが。。。


raku27_16.jpgraku27_17.jpg


そして、対談終盤は、蓮の葉を被って。。。


raku27_13.jpg


真剣な顔で語っていらっしゃいます(ー_ー)!!


どうやら蓮の葉をお気に召されたようで
対談終了後も自分撮りに余念がありませんでした。


raku27_14.jpg


raku27_15.jpg


おしまい。


今回のレシピはこちらから。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る