1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 新聞
  4. 落語食堂
  5. 『落語食堂 らくしょく』開店!(42日目)

『落語食堂 らくしょく』開店!(42日目)
2015年12月01日

  • mixiチェック

毎日新聞夕刊(関西版)12/1(火)号に掲載されている『落語食堂 らくしょく』!
今回のお噺は、「三枚起請」。

遊女との結婚約束を起請文で交わし、ご機嫌な男3人。
実は同じ遊女に弄ばれたことがわかり・・・
だますのが悪いのか、だまされるのが悪いのか、というお噺。

今回も料理が登場しないお噺で、その世界観を
イメージして料理を作ったのは、日本料理の安場昌子先生





取材前の厨房で、何やら異様な食べ物を発見!





これは何でしょう??
のちほど登場するのでお楽しみに。

まずは、ヤタガラスのお酒で乾杯。





今回のお噺にはカラスが登場しますので
料理でも随所に登場します。

では、1品目「三種盛り ~戻り鰹のいぶし造り 烏賊梅和え 果物の白酢和え~」





遊女に弄ばれた男3人をイメージした三種盛り。

「3つの小皿を塗りの器に入れたのは
"囲われている"状況をイメージして」と安場先生。

上から時計回りに
■指物屋の清八から、戻りガツオの刺身
■下駄屋の喜六から、ゲソ
■仏壇屋の源兵衛から、梅干しの種の中に仏さんがいる・・・ということで梅和えに。


種の中の仏とは、これですね。








最後に「果物の白酢あえ」は遊女をイメージして
エキゾチックなフルーツを使用。





おまけで「いかの口」も登場





コリコリして美味しい珍味ですね。
所変われば「トンビ」とも「カラス」とも呼ばれています。

実際の、いかの口ばしはこんな感じ。





さて、2品目は「鶏朴葉焼き」





本日、カウンターの向こうで黙々と助手を務めてくれたのは村島先生と、
2年前の「落語食堂」に参加してくれた湯川先生。

共に最後の仕上げを行ってくれました。





なかなか珍しい光景です。

冒頭に出てきた真っ黒のお団子はここで登場。





「カラスをイメージして黒化粧にしました」と安場先生。
イカスミの粉末を使っているそうです。

「白ネギは唯一残った遊女の良心のつもりで。」





吉坊さんも「悪いこととは知っています...という遊女の一言があるから
本当に悪い人ではないんやないかな」と。

「昔、師匠が"だますよりだまされる方になれ"と
よく言ってました。落語は人間性が出ますから。」

よいお話が聞けたところで、締めようと思いましたが、
安場先生、何やら言い足りなかったことがあるようで。

「カラスだけに黒う(苦労)しました。」

ハイ、おしまい。





本日のレシピはこちら

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る