1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. 映画
  4. 学校でのロケ

学校でのロケ
2010年12月02日

  • mixiチェック

日記が7月13日以来になってしまいました(反省!)。

映画の全国公開は、2011年2月11日。いよいよ公開まであと2ヶ月ほどになりました。

いま、劇場用の予告編や、辻調の12月12日のオープンキャンパスに向けて、特別メーキング映像の編集も行なわれています。また、大和書房からは、来年1月上旬に、公式レシピブックが発売されます。その本のなかにも、「洋菓子店コアンドル」の世界を、エコール辻東京の大川満先生が再現しくれています。こちらの、話は、次回、またじっくりと紹介します。

さて、今日の話題は、学校での映画のロケの話です。

「洋菓子店コアンドル」の主人公・十村遼太郎(江口洋介さん)は、なんと、エコール辻東京の製菓の先生という設定になっています。

学校でのロケは、そのまんま、本物の学校の設備、制服、そして、先生たちと在校生の皆さんが「自分自身」の役でエキストラ出演しています。

ロケの当日は、膨大な量の撮影機材が学校に運び込まれて、実習室や中庭で撮影が行なわれました。

参加してくれた学生さんたちも、映画出演初体験でしたが、みんないつものように実習授業を受けているという設定だったので、監督さんの指示も、普段通りに、明るく元気にやって下さいというもの。

ひとり、江口さんだけが、役者さんとして、「先生役」をこなしていらっしゃいました。

夜になって、日が暮れて、学校の中庭から実習室をながめている十村先生(江口さん)。

在校生の皆さんの熱演ぶり。

ぜひ映画館でチェックしてみて下さいね!

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る