1. 総合情報サイトTOP
  2. 最新メディア情報
  3. web
  4. PROFESSIONs No.115 夫婦で産地を訪ねるイタリア料理店

PROFESSIONs No.115 夫婦で産地を訪ねるイタリア料理店
2020年05月11日

  • mixiチェック

食の世界で活躍を続ける「食業人」の今をインタビュー形式でお届けするWebサイト"PROFESSIONs"。
新しい記事が公開されました。
今回ご紹介するのは、『リストランティーノ ピノリ』オーナーシェフの松川 雅紀さん。



『生産者とお客様、双方の想いを伝え合う懸け橋になることを目指して、夫婦二人で営むイタリア料理店』
料理人を志しつつも家業を継いだ父に影響されイタリア料理の道へ。
「小学5年生で始めたサッカーにのめり込み、高校もクラブありきで選びました。3年の夏に引退すると、みんな予備校に通い始めたんですよね。僕自身、成績は悪くなかったものの、みんなが当たり前のように大学をめざしているのに流されているような気がして嫌だったんです」
家業は鉄工所。昔気質の祖父に従い、父親は後を継いだが、松川さん自身はとくに興味をもてずにいた。自分は何をやりたいんだろう。そう考えたとき、浮かんだのが料理の道だった・・・本編を読む

profile.
大阪府出身。大阪府立吹田東高等学校からエコール 辻 大阪 フランス・イタリア料理マスターカレッジに進学し、イタリア料理の道へ。2003年に卒業後、大阪市内にあった『スフィーダ アル チェントロ』に就職。3年間の修業を経てイタリアへ短期留学し、帰国後、大阪市内にあった2つのイタリア料理店で経験を積む。2009年にパティシエールの優さんと入籍・上京し、田窪大祐シェフのもとで3年間修業。帰阪後に独立準備を進め、2015年2月、大阪市の福島に『リストランティーノ ピノリ』を夫婦で開業。ミシュランガイドでは、2018、2019と2年連続でビブグルマンを獲得。

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る