1. 総合情報サイトTOP
  2. 辻調のメディア協力リスト
  3. 映画
  4. オカンの嫁入り

辻調×映画「ちょんまげぷりん日記」はこちら Click!

オカンの嫁入り
宮崎あおい
大竹しのぶ

ストーリー

母ひとり子ひとりで仲良く暮らしていた親子、月子(娘)と陽子(オカン)。ある日の深夜、母親の陽子が酔っぱらって、若い金髪の男・研二を連れて帰ってくる。「お母さんは、この人と結婚することにしたから」・・・あまりに突然のことに、とまどう月子は、とっさに部屋を飛び出してしまう。母に裏切られたという思いから、月子は陽子に対しても、研二に対しても頑に心を閉ざすが、大家のサク、陽子の上司・村上ら、月子・陽子親子を家族同然のように見守ってきた周囲の者たちが、二人の間を何とかとりなそうと必死になる。しかし、この娘と母は、それぞれに、ある秘密を抱えていた…。

  • 出演:宮﨑あおい 大竹しのぶ 桐谷健太 絵沢萠子 國村隼
  • 監督・脚本:呉美保(「酒井家のしあわせ」)
  • 原作:咲乃月音「さくら色~オカンの嫁入り~」(宝島社・刊)
  • 製作:角川映画、東映ビデオ、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、キュー・テック
  • 協力:東映京都撮影所 配給・製作プロダクション:角川映画

今秋全国ロードショー!

(c)2010「オカンの嫁入り」製作委員会オカンの嫁入り 公式サイトはこちら

【辻調×映画】辻調が協力しています!

宮﨑あおいさんと、大竹しのぶさんが、初共演するということで話題の映画「オカンの嫁入り」。この映画のなかで、「料理」が大切な役割を演じます。その「料理」を、辻調の日本料理の先生たちが指導・製作しています。母と娘のお話に、辻調の「料理」がどう関わってくるのか。今秋の全国ロードショーをお楽しみに。

<辻調の先生たちが指導・料理製作>

辻調理師専門学校の日本料理の先生たちが、元・板前の研二(桐谷健太さんが演じています)の作る料理の指導・製作を担当しました!桐谷さんは、大阪の辻調で先生たちから料理の猛特訓を受け、映画の中でその腕前を披露しています。研二の作る料理にもご注目を!

映画のなかで、「料理」が大切な役割を演じます。

かつてプロの料理人だった研二(桐谷健太さん)。かれは、愛するひとのために、いったいどんな料理を作るのか。映画のなかでの重要なシーンです。その料理に、しだいに心を開いて行く娘の月子(宮﨑あおいさん)。仕込みから仕上げまで、先生たちは、全力で取り組んでいきます。

映画

TV/情報・料理

TV/ドラマ

雑誌・新聞

ページの上部へ戻る