Column&Recipe
コラム&レシピTOP
西洋料理
日本料理
中国料理
世界の料理
洋菓子
和菓子
パンとドリンク
日欧食べ物だより
こだわりレシピ検索
和菓子TOPへおやつ!お菓子!和菓子! コラム一覧へ
連載コラム おやつ!おかし!和菓子!
加納 「2人とも、お菓子作るよ!何食べたい?」というS和菓子助教授の言葉に誘われて、何気なく写真撮りを始めた和菓子班 加納みどり立嶋穣。実は自分たちのつくったお菓子がホームページにのるなんて、夢にも思っていませんでした。そんなこんなで始まった、楽しい和菓子コラムをどうぞお楽しみください! 立嶋
吹雪まんじゅう

吹雪まんじゅう
立嶋立嶋 : 「今、実習で作っている『吹雪まんじゅう』、粒餡がたっぷりで、正直、いまどきの学生にはちょっと人気がないのかなと思ったけど、みんな美味しい、美味しい!って食べてるよなぁ。」

齊藤 : 「そうなんです!学生たち『なんか懐かしい』って言いながらパクパク食べてました。そして『これって田舎まんじゅうですよね』って言ってたんですけど……?」

立嶋 : 「そうそう、田舎まんじゅうとも言うよ。他にも、地域によっては、『薄皮まんじゅう』や『やぶれまんじゅう』なんて呼び方があるみたいだね。もちろん、実際はやぶれているのではなくて、生地のごく薄い所が透けて中の粒餡が見えてるわけ。こんな状態を吹雪の様子に見立てて名付けられたのが、今回紹介する『吹雪まんじゅう』っていう名前なんだよ。」

齊藤 : 「薄い生地ですよね。普通の蒸しまんじゅうは、生地と餡の割合が三ッ種(みつだね)って言って1:2くらいのバランスなのに、今回は1:4の割合ですもんね。」

立嶋 : 「でも、2学期も末にもなると、学生たちも上手に包むよね。実習見てて、包餡うまくなったなぁってつくづく感じるよ。」

加納加納 : 「♪らぁーらら〜らぁ〜ららーららぁ〜♪(森昌子さん・越冬つばめ を歌いながら登場)」

齊藤 : 「か、加納先生、その歌はなんですか?」

加納 : 「ん?なんとなく吹雪のイメージソング♪^^。歌でも歌うと実習ももっと楽しくなるかなぁって思って。」

立嶋 : 「あの〜、重松先生、今後はHPを齊藤と2人だけでやって行こうかと……。」

重松 : 「分かりました。検討しときます。」


おはぎ作る?

このコラムのレシピ

コラム担当

レシピ 吹雪まんじゅう

和菓子班の看板娘
人物 加納 みどり
ラガーマン(だった)
人物 立嶋 穣
和菓子班のスーパーモデル
人物 齊藤 聡子
辻調の御言持(みことも)ち
人物 重松 麻希
このページのTOPへ
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group