Column&Recipe
コラム&レシピTOP
西洋料理
日本料理
中国料理
世界の料理
洋菓子
和菓子
パンとドリンク
日欧食べ物だより
こだわりレシピ検索
料理概要 レシピ

カスタードクリーム

材料
牛乳 500ml


バニラのさや 1/2本


卵黄 6個


グラニュー糖 150g


薄力粉 30g


カスタードパウダー 30g


材料

調理器具
鍋(直径18cm) 1


泡立て器 1


ボウル(直径24cm) 1


バット(できればステンレス製)


粉ふるい又はザル 1


カードまたはゴムベラ 1


ラップ


材料

作り方

1. バニラのさやを縦に裂き、中の種子を取り出して牛乳に加える。さやも入れて火にかけ、沸騰直前まで温める。

2. ボウルに卵黄を入れて泡立て器でほぐし、砂糖を一度に加え、すぐによく混ぜてグラニュー糖を溶かす。さらに白っぽくなるまで混ぜる。
point
白っぽくなるまで混ぜると他の材料が混ぜやすく、また卵に直接牛乳の熱が伝わりにくくてよい。

3. ふるった小麦粉とカスタードパウダーを一度に加え混ぜる。

4. 温めた牛乳の一部を加えて溶きのばす。残りの牛乳を加え混ぜる。

5. 漉して鍋に戻す。

6. 中火にかけ、泡立て器を絶えず動かして混ぜながら、焦がさないように煮る。
point
火の加減が弱いとでき上がったクリームがコムのように固くなる。

7. 鍋の底から火が入り、固まってくる。これをしっかり混ぜながら焦がさないようにさらに煮る。
point
一度固くなったクリームをさらにしっかり混ぜながら火を入れるとさらっとする。

8. きれいなバットに鍋からいっきに空ける。

9. バットに薄く流し、乾燥しないように表面にラップをぴったり貼り付けて覆う。氷水に当てて素早く冷やす。
point
いたみやすいクリームなので、薄くして早く冷やす。

10. 冷えたらボウルに移す。
point
このときにバットからきれいにはがれないのは炊き方が足りなかった証拠。

11. ゴムベラでなめらかになるまで混ぜる。バニラエッセンスや酒を使う場合は、この時に加える。

料理概要 レシピ
このページのTOPへ
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group