Column&Recipe
コラム&レシピTOP
西洋料理
日本料理
中国料理
世界の料理
洋菓子
和菓子
パンとドリンク
日欧食べ物だより
こだわりレシピ検索
料理概要 レシピ

タラとじゃがいものオリーブ煮

材料
塩ダラ


  タラ(切り身)
500g


 


じゃがいも 大2個


オリーブ(好みのもの) 100g


ケーパー


煮込みのベース


  玉ねぎ
1/2個


  にんにく
1片


  イタリアンパセリ
大さじ1


  フィレアンチョビー
2切れ


  ドライトマト
1切れ


 


イタリアンパセリ 大さじ1


アサリ 12個


4個


オリーブ油 100ml


小麦粉


塩、こしょう


バゲット


材料

調理器具
まな板


包丁


トレイと水切り網


ボウルと小皿


鍋またはフライパン


木べら


フライ返し


グラタン皿または耐熱深皿


材料

作り方
塩ダラを作る

1. タラを30〜40gの切り身にし、全面にしっかりと塩をする。
point
塩は軽く炒ってサラサラにしたものを冷ましてから使いましょう。きれいに広がって均一に振ることが出来ます。

2. 水切り網の上に置いて冷蔵庫に一晩置く。
point
タラの持つ余分な水分を抜くための作業です。ラップや蓋はしないようにして下さい。
材料の下準備

3. アサリは砂をはかせてきれいに洗う。 じゃがいもは皮をむいて1cm厚さの輪切りにする。 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。 イタリアンパセリ、フィレアンチョビー、ドライトマトは粗く刻む。
point
種抜きなどで、オリーブの種を抜いておくと食べやすくなります。
塩ダラに焼き色を付ける

4. 塩ダラの表面の水分をしっかりとふき取り、こしょうをし、小麦粉を薄くつけてオリーブ油で表面を香ばしく焼く。
point
後で煮込むので、ここでは火を通す必要はありません。焦がさないように注意して手早く表面に焼き色をつけましょう。

5. グラタン皿に焼いた塩ダラを取り出す。
煮込みのベースを作る

6. 同じ鍋で、玉ねぎとにんにくを甘味が出るまでしっかりと炒める。
point
これが味のポイントになります。焦がさないように炒めましょう。

7. イタリアンパセリ大さじ1とアンチョビー、ドライトマトを加え、軽くつぶすように炒める。
point
アンチョビーもドライトマトも焦げやすいので、弱火で炒めましょう。

8. じゃがいもとじゃがいもがかぶる程度の水を加え、10分間煮る。
グラタン皿に移して煮込む

9. グラタン皿の塩ダラの周りに、オリーブ、ケーパー、イタリアンパセリ大さじ1を散らす。

10. 8の煮込みのベースの味を塩、こしょうで調え、グラタン皿に移す。
point
アサリやオリーブから塩味が出てきます。塩味は少し控えめにしましょう。

11. アサリを並べて、140〜150℃のオーブンで10〜15分、じゃがいもが柔らかくなるまで火を通す。
仕上げ

12. そのままあるいは一人前の器に取り分けて中央に生卵を割り入れ、もう一度オーブンに入れて卵が好みの状態になるように火を通す。
盛り付け

13. やや厚めにスライスしたバゲットをトーストして添える。

料理概要 レシピ
このページのTOPへ
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group