1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. ニュースリリース
  4. 辻静雄食文化財団
  5. 第12回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート

第12回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート
2021年06月29日

  • mixiチェック

公益財団法人辻静雄食文化財団は、2021年6月28日(月)13:00より、第12回辻静雄食文化賞贈賞式をオンラインで実施いたしました。

第12回辻静雄食文化賞の本賞には、わさびの歴史を広範に紐解いた食文化の本として優れ、日本固有種のわさびを初めて総合的に論じた点が高く評価された、山根京子氏の著書 『わさびの日本史』(文一総合出版)が、専門技術者賞には、中国古典料理に関する深い理解と日本の美意識を融合させ、高い技術力を用いて中国料理の新たな世界を切り開いている「茶禅華」エグゼクティブシェフ 川田智也氏 が選定され、同財団より表彰を受けました。






●第12回 辻静雄食文化賞・専門技術者賞 受賞者コメント●



第12回 辻静雄食文化賞


『わさびの日本史』 

 山根 京子/著 文一総合出版/刊
  


「この度は名誉ある賞をいただき、心よりお礼申し上げます。『わさびの日本史』はその名の通り、わさびだけをテーマにした本ですが、予想外に反響があって大変驚きました。日頃、わさびを普及するため「わさび応援隊長」を名乗っていますが、わさびファンは意外といることを実感できました。わさびがひとつの文化として、食の豊かさにつながっているとしたらこんなに素晴らしいことはありません。日本人は食べることに必死だった時代に、わさびを見出し、実に多様な使い方をしてきました。その血を絶やさぬよう、日本人が大切にしてきた心とともにわさびを次に繋いでいきたいと改めて感じました。私はわさびという狭い世界で生きていますが、この賞をいただいて、少しは食文化を背負う必要性を感じています。わさびを中心に、日本の心や食文化を受け継げるような活動をこれからも続けていきたいと思います。この決意表明をもって挨拶にかえさせていただきます。この度は誠にありがとうございました。」


【受賞理由】
文献を網羅的に調べ上げ、わさびの歴史を広範に紐解いた食文化の本として優れており、日本固有種のわさびを初めて総合的に論じた点が高く評価できる。また、年表や資料も充実し、読んで楽しめる。


【著者と作品について】
わさびは日本の野生植物を栽培化した、数少ない食材の一つ。歴史資料を渉猟し、フィールドワークも組み合わせ、わさびの植物としての由来から、栽培、利用の歴史を綴る。わさびに対する思いと好奇心に満ちた読み物。著者は岐阜大学応用生物科学部准教授、農学博士。



第12回 辻静雄食文化賞 専門技術者賞


川田 智也 (かわだ ともや)

「茶禅華」 エグゼクティブシェフ


「この度は非常に輝かしい賞をいただき心より光栄に感じ嬉しく思います。修業時代には、中国料理の壮大さ、奥深さ、技術力の高さを教わり、日本料理からも日本の豊かさ、日本人の精神性を学んできました。技術というものは僕自身が一人で表現しているのではなく、先人の想いや苦労やいろんなものがあって今に受け継がれている、そのことに感謝したいですし、自分も未来につないでいきたいと考えています。自分自身、若き日から料理という道を志してきて、いろんな方から教えをいただき、辻静雄先生の本からもたくさん学ばせていただきました。日本人として異文化を勉強していく者の心構えや、日本の食材を理解せずして日本における何かを成就したことにならないという解釈に至れたのはとても大きかったと思っています。今回の受賞はもっと料理に向き合って精進しなさいというメッセージをいただいたと受け止めています。この度は素晴らしい賞をいただき、素晴らしい刺激をいただき、誠にありがとうございました。」


【受賞理由】
中国古典料理に関する深い理解と日本の美意識を融合させ、高い技術力を用いて中国料理の新たな世界を切り開いている。チーム組織を主導して緻密な料理を提供する姿は現代的料理店の一つのあり方を示している。


第12回辻静雄食文化賞 受賞作・受賞者紹介はこちら
辻静雄食文化賞とは



<お問合せ>

辻調グループ企画部:小山、渡邉 
TEL:06-6629-0206 
E-mail:tsujichopress@tsujicho.com

第12回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート

カテゴリ

ニュースリリース
辻調塾

最近の投稿

ニュースリリース
辻調塾

過去の記事

ページの上部へ戻る