1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. ニュースリリース
  4. プレスリリース
  5. 第11回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート

第11回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート
2020年08月05日

  • mixiチェック

公益財団法人辻静雄食文化財団は、2020年8月4日(火)14:00より、第11回辻静雄食文化賞贈賞式をオンラインで実施いたしました。

第11回辻静雄食文化賞の本賞には、社会的課題の解決を図りながら農業を振興し、地域の食文化を豊かなものにするモデル的取組みが高く評価された千葉県いすみ市 有機農業による地域の食文化の創成が、専門技術者賞には、地方を拠点に、畑で野菜栽培を行いながらレストランを経営し、季節とともに変わる畑を厨房と一体化させることによって独自の料理を構築している「villa aida」のオーナーシェフ 小林 寛司氏が選定され、同財団より表彰を受けました。






第11回 辻静雄食文化賞・専門技術者賞 受賞者コメント

第11回 辻静雄食文化賞
■千葉県いすみ市 有機農業による地域の食文化の創成


「私たちは、これまで環境、農業、食をテーマとする持続可能な地域づくりに取り組んできました。農薬や化学肥料を使用しない有機農業を広めてきたなかで、有機農産物を地域の子供たちにもぜひ食べてもらいたいという思いで、2015年から学校給食で優先的に取り入れてきました。私たちの有機農業は学校給食と結びつき、子供たちによりよい食経験を日常的に提供することで、地域で持続的かつ健康的な食文化を創成する活動へと発展してきました。今回の受賞を励みに、農業者を中心とする地域の方々との協働により、自然と共生したよりよいライフスタイルの実現に向けて、引き続き活動していきたいと思います。本日は大変素晴らしい賞をいいただき誠にありがとうございました。」


第11回 辻静雄食文化賞 専門技術者賞
小林 寛司 (こばやし かんじ)
「villa aida」オーナーシェフ


「この度は大変名誉ある賞をいただき、ありがとうございます。この喜びは日本の地方で頑張っているレストラン関係者や生産者のみなさんと分かち合いたいです。受賞の知らせを聞いたときは、嬉しい気持ちと同時に、私がなぜ?と驚きましたが、料理の世界はこれから変わっていくだろうと大きな期待も湧き上がってきました。私たちは作物を通して1年という時間を体感する毎日を送っており、すべての人・ものに対して感謝の気持ちが生まれます。これらの感覚的なものを含め、自然とともにある日々の営みこそが私たちの技術だと思っています。今回の受賞を機に、若い料理人たちも食の豊かさを考え直すきっかけになればと願います。これからは生まれ育った場所や郷土の食文化を理解し、自然と接点を持つのが大切になるでしょう。そうした環境で提供される料理は、世界中のお客様に感動を届けてくれると信じています。」


第10回辻静雄食文化賞 受賞作・受賞者紹介はこちら
辻静雄食文化賞とは


<お問合せ>
辻調グループ企画部:小山、渡邉 
TEL:06-6629-0206 
E-mail:tsujichopress@tsujicho.com

第11回辻静雄食文化賞 オンライン贈賞式レポート

カテゴリ

ニュースリリース
辻調塾

最近の投稿

ニュースリリース
辻調塾

過去の記事

ページの上部へ戻る