1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. 辻調塾

abeno032403

  テーマ:「ソーシャルメディアと『食』を考える」 関西を代表するお二人のメディアの方にご登場いただいて、現在のメディアの状況と『食』について、さまざまな角度から、大いに語っていただきました。 お迎えしたのは、「関西ウォーカー」編集長の玉置泰紀さんと毎日放送プロデューサーの本郷義浩さんのお二人。 20世紀も終わりの頃に登場したインターネット。 それからわずか20年で、私たちの情報環境は一

abeno03

2011年2月25日(金)     ことし最初の大阪<あべの>塾は、新藤兼人賞を受賞された映画監督・呉美保さんをお迎えしました 呉監督とは、辻調映画部が、映画「オカンの嫁入り」でご一緒させていただきました。 寒い京都・太秦の撮影所で。辻調の日本料理教授の清水先生たちのチームが参加しました。 今回の辻調塾でも、呉監督のお話のあとは、清水先生が登場して対談風に、撮影の裏話をしながら、「物語

omipo

2011年の東京:辻調<新>塾の第2弾は、特別企画として映画監督の呉美保さん をお迎えしました。 呉美保監とは、「辻調映画部」は 
  テーマは、「映画のなかに見える『食』の風景」。 呉監督の好きな映画をまずはスライドで見ながら、食の景色を見て行きました。 テーマは「映画にみえる『食』の景色」。 ゲストスピーカーは、呉美保監督でした。映画「オカンの嫁入り」(角川映画)で協力させていただきました。

softbank

2011年、最初の辻調<新>塾は、「グルメサイト運営サイドからみたグルメ市場とは」をテーマにゲストスピーカー:谷川拓司さん(ソフトバンク)をお迎えました。   テーマは、webでのさまざまなグルメサイトから、飲食業界、「グルメ市場」をながめたらどうなのか。また、ブログやソーシャルメディアなど、最新のネット環境のなかで、飲食店からの情報発信は、今後、どうなっていくのか。また、デジタル業界の今後の展

s_aboutme

「辻調塾」の歴史2008年9月にスタートしたメディア人のための<食の学びと交流のプラットホーム>を目指して、勉強会「辻調アキバ塾」(当時、東京・秋葉原にあった辻調サテライトキャンパスにて)がスタートしました。「辻調アキバ塾」では、2008年9月より翌2009年3月まで6回の「食の勉強会」を開催しました。ひきつづき、2009年4月より、会場を東京・新宿にある辻調グループ校企画部東京事務所に移して、「

ページの上部へ戻る