1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. 辻調塾
  4. 辻調あべの塾~大阪~
  5. 3月24日/ソーシャルメディアと「食」

3月24日/ソーシャルメディアと「食」
2011年03月24日

  • mixiチェック

IMG_6983.JPG IMG_7004.JPG 

テーマ:「ソーシャルメディアと『食』を考える」

関西を代表するお二人のメディアの方にご登場いただいて、現在のメディアの状況と『食』について、
さまざまな角度から、大いに語っていただきました。

お迎えしたのは、「関西ウォーカー」編集長の玉置泰紀さんと毎日放送プロデューサーの本郷義浩さ
んのお二人。

20世紀も終わりの頃に登場したインターネット。

それからわずか20年で、私たちの情報環境は一変しました。これは19世紀から20世紀にかけて
整備されてきた郵便や電話などの通信手段に匹敵するのか(しないのか)。

さらには映画、ラジオ、テレビといったメディアと同列に考えられるところまで来たのか(あるいは、
まったく違う次元のメディアなのか)。

さまざまなテクノロジーがそうであるように、所詮、人間の作った道具、仕組みだから、過大にも
過小にも評価すべきではないかもしれない。でも、流行モノだから気にはなります。

ここはひとつ、地に足がついた状態で、クールに、今メディアにおきていることを見てみたい。
そして、インターネットから生まれた「ソーシャルメディア」と「食」の今後についても考えてみたい、
そんな思いで、お二人をスピーカーをとしてお迎えし、大いに語っていただきました。

参加者の皆さんとも活発な意見交換、議論ができ、大いに盛り上がりました。

**

スピーカーのお二人のプロフィール:

IMG_7001.JPG

玉置泰紀さん

「関西ウォーカー」編集長。大阪府出身。産経新聞大阪本社に入社。

神戸支局を皮切りに、社会部で所轄回りの後、府警本部捜査1課を

担当。7年間勤めたあと、31歳で、福武書店(現ベネッセ)に転

職。月刊の女性誌「カルディエ」の創刊に加わる。「たまごクラブ」

「ひよこクラブ」の準備に携わった後、33歳で角川書店に再転職。

東京版の「シュシュ」創刊に加わる。「九州ウォーカー」創刊、後

に同誌編集長、さらに、「東海ウォーカー」、「大人のウォーカー」

(こちらも創刊)の編集長を経て、平成20年の4月に、17年ぶ

りに大阪に戻り、現在に至る。「九州ウォーカー」時代は、長崎市

の故伊藤一長市長の元、同市観光専門委員、「東海ウォーカー」時

代は、愛・地球博の食の専門委員、「大人のウォーカー」時代は、

経団連の観光専門委員などを務めた。コンプリートするほど好きな

ものは、ホームズシリーズにチャンドラー、ビートルズとストーン

ズ、フー。

http://www.walkerplus.com/kansai/

**

IMG_7016.JPG

本郷義浩さん

毎日放送プロデューサー。京都府出身。テレビ制作局所属。料理情

報番組、音楽番組、歴史紀行番組、ドラマ、アート系の番組など数

々のテレビ番組を担当。「あまから手帖」に食のエッセイ「Pの細

道」を連載中。 毎年、5月に写真展を大阪市内のカフェで開催して

おり、世界の都市をテーマとしている。 麻婆豆腐研究家、伊藤若冲

研究家、京懐石研究家、右脳左脳ノート研究家を自称。

現在「水野真紀の魔法のレストラン」を担当。

http://www.mbs.jp/mahou/

これまでの主な担当番組「あまからアベニュー」「近畿は美しく」

「美の京都遺産」「若冲降臨 増殖する細胞」「芸術都市パリの100

年」「真実の料理人シリーズ」「京料理、動く。」「占い師100人」

「チュー'sDAYコミックス 侍チュート!」「インスタントラーメン発

明物語 安藤百福伝」「音舞台シリーズ(プロデュース演出、2000

から2009年まで)」

ページの上部へ戻る