1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. 辻調塾
  4. 辻調あべの塾~大阪~

umaimonya

今回のスピーカーは、<「うまいもん屋」からの大阪論>の著者、江弘毅さん。 <「うまいもん屋」からの大阪論>から見る「食」を介したコミュニケーションの 在りかたをテーマに語っていただきました。 江さんは、『ミーツ・リージョナル』創刊後、12年間編集長を務め、現在は、編集集団「140B」取締役編集責任者でいらっしゃいます。 今回は人と人をつなぐコミュニケーションツールとしての「食」 という

umaimonya

「食」と「学び」の勉強会「大阪:辻調あべの塾」10月のご案内です。今回は<「うまいもん屋」からの大阪論>の著者江弘毅さんをお迎えしてその最新の著作を通じてもう一度昨今の「グルメブーム」の在りかた、人と人をつなぐコミュニケーションツールとしての「食」というものを考えてみたい、と思います。 --------------------------------------------------------

Taniguchi×Kaiko

今回のスピーカーは、芥川賞作家 故・開高健さんにその実力が認められ、「開高隊」のお抱え料理人として数々の旅に同行した辻調理師専門学校 日本料理専任教授・谷口博之でした。 谷口先生は、先日9月22日にNHK-BSプレミアムで放送され反響を呼んだシリーズ「釣って、食べて、生きた! 作家 開高健の世界第1夜 巨大オヒョウを食らう ~アラスカ・ベーリング海~」に出演。 https://www.ts

オーパ

9月の大阪:辻調あべの塾は、作家・開高健の「料理番」だった辻調の日本料理の谷口博之先生が登場です! ________________________________________________ ■テーマ:「"オーパオーパ"の料理人がたどる作家 開高健との足跡 〜ロケ裏話と思い出〜」■開催日:9月26日(月)■スピーカー:谷口博之(辻調理師専門学校 日本料理教授)■ゲスト   :見田圭司(N

cafe

7月21日/辻調あべの塾 テーマは「コーヒー産地最新事情(グァテマラ、パナマを訪ねて)」。スピーカーは、寺尾雅典先生でした(辻調・西洋料理教授)。今回は、はじめて、会場を辻製菓技術研究所の「実習店舗」P.L.T.(パティスリー・ラボ・ツジ)をお借りしました。https://www.tsujicho.com/plt/index.html今年の1月、高品質のコーヒーを産出する産地として注目をあびている

ページの上部へ戻る