1. 総合情報サイトTOP
  2. メディアの方へ
  3. 辻調塾
  4. 辻調<新>塾~東京~

yukina

2012年、最初の東京:辻調<新>塾のテーマは、山形の在来作物「雪菜と、雪菜のふすべ漬」。「雪菜」は、山形県米沢市の特産品で、全国でもめずらしい雪の中で育つ軟白野菜。スピーカーは、料理研究家としてテレビや各地の講演会で活躍されている小川聖子さん。 その「雪菜」の栽培法、歴史的な背景、栽培地の地理的条件などをお聞きして、生の「雪菜」の試食も。さらに、この雪菜を、「ふすべ漬」という山形の独特の浅漬け方

オーパ

今年最後の東京辻調<新>塾のテーマは、「"オーパオーパ"の料理人がたどる作家 開高健との足跡〜ロケ裏話と思い出〜」でした。 スピーカーは、谷口博之(辻調理師専門学校 日本料理教授)先生と、テレビ演出家の見田圭司さんのおふたり。 おふたりは、去る9月22日に放送されたNHK-BSPの特別番組「シリーズ 釣って、食べて、生きた! 作家 開高健の世界」「第1夜 巨大オヒョウを食らう ~アラスカ・ベーリン

カレー番長

第27回の辻調<新>塾のスピーカーは、東京カリー番長・調理主任の水野仁輔さんでした。 「カレーの教科書」というタイトルでお話をしていただきました。 まずは、自分自身がカレーを楽しむためには、カレーのことを徹底的に知りたいと思った、そうです。 そこからの探究心が、はんぱではない。とことん、理由を知らないと気が済まない性格。そして、カレーに対する深い愛情。 そこから、水野さんのカレーの「真実」を求め

最後の晩餐

今回の辻調<新>塾は、作家の宇田川悟さんをお迎えして、最新作『最後の晩餐』(晶文社)の出版記念の勉強会でした。↓https://www.tsujicho.com/report/cat731/post-7.html http://www.shobunsha.co.jp/bibliotheca/living/living_05.html#sa_saigonobansan 宇田川さんがこの8月に晶文社か

001Shinjuku20110728

DATE2011-07-28 今回は、翻訳家・北代美和子さんが、今年1月に出版された「ウイスキー・ドリーム」(白水社)の出版記念の辻調塾でした。↓http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=08110 7月は2回目になる東京<新>塾。会場を赤坂の 「MODERN TIMES」 に移しての開催。31名が参加していただきました。「ウイスキー・

ページの上部へ戻る